マーク・ハミルが来日、「スター・ウォーズ」レジェンドの神対応にファン歓喜

マーク・ハミルが来日、「スター・ウォーズ」レジェンドの神対応にファン歓喜

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/12/05
No image

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプロモーションでマーク・ハミルが来日。成田空港で出迎えたファンと(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のプロモーションのため、ルーク・スカイウォーカー役の俳優マーク・ハミルが5日午後、千葉・成田国際空港に到着。約400人(公式発表)のファンたちから熱烈な歓迎を受け、時間が許す限りファンとことばを交わしたり、サインを書いたり、写真撮影にも気軽に応じる“神対応”を見せた。

【動画】映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特別映像

「スター・ウォーズ」シリーズ第1作に初登場して以来、シリーズの“象徴”であり続け、最新作『最後のジェダイ』でも物語カギを握るレジェンドが、久しぶりに日本の地を踏んだ。

成田空港の到着出口には「スター・ウォーズ」シリーズに登場したキャラクターのコスチュームに身を包んだ人々や、ライトセーバーを掲げる人々、さらに、R2-D2やC-3POといったドロイドになりきり、主人であるルーク・スカイウォーカーを迎える熱心なファンが集結。

午後2時半頃、マーク・ハミルが姿を現すと、待ちわびたファンから悲鳴のような歓声が上がった。マークは「実は高校生の頃には神奈川県に住んでいて、アメリカンスクールに通っていました。その後も日本には訪れたこともあり、そのたびに日本のファンはとても応援してくれるので非常に楽しい時間を過ごせています。日本に帰ってくることができて最高の気分です」と、フライトの疲れも見せず、興奮気味にコメント。

スター・ウォーズ史上最大の「衝撃作」と期待が高まる最新作については「それだけは今、この場ではどうしても話せないことになっているんです」と沈黙を貫いたが、「日本の熱心なファンに会えて本当にうれしいです。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』をぜひ楽しみにしていてください」とアピール。最後は、お決まりのフレーズ、「May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)」で締め、サービス精神たっぷりだった。

同便でダース・ベイダーの意志を継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバーも到着。2年ぶり2回目の来日となるアダムもサインや写真撮影に丁寧に対応していた。ライアン・ジョンソン監督やキャスリーン・ケネディ氏(ルーカスフィルム社長)も来日し、あす6日のレッドカーペット・イベント、7日の来日記者会見に参加する予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
篠原涼子が西島秀俊と映画初共演 東野圭吾氏の原作
絶賛発売中!DIME最新号は「スター・ウォーズ」大特集、特別付録は超豪華3D VRゴーグル
世界屈指の高級車が乱れ飛ぶ ジャッキー・チェン「カンフー・ヨガ」カーチェイスシーン公開
【UMA】ビッグフットの氷漬け頭部が公開される!「1953年に射殺した本物」人間に近い顔つき、生々しい切断面も
「ちはやふる -結び-」主題歌はPerfume!再タッグ祝し末次由紀が描き下ろし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加