一風堂32周年の新商品「ソースとんこつ」実食 - なんと発売初日は一杯500円

一風堂32周年の新商品「ソースとんこつ」実食 - なんと発売初日は一杯500円

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/13
No image

力の源カンパニーが運営する「一風堂」は、今年10月16日に創業32周年を迎える。それを記念し、画期的な新ラーメンを発売するとの噂を聞きつけ、ひと足先に食べてきた。気になる新商品は……その名も「ソースとんこつ大発明!」(850円)。「ソース? 大発明? なんだそれは!」と思った人も多いはず。その全貌をお届けしよう。

○ラーメンの常識を覆す、ソースな一杯

創業32年目の新たな挑戦となる「ソースとんこつ大発明!」は、その名の通り、秘伝のとんこつスープに、スパイスが効いたソースを加えた一杯。麺は、白丸元味と同じ丸刃麺線26番という細麺を使用し、茹でキャベツ、紅ショウガ、青ネギ、チャーシュー、温泉玉子がトッピングされている。

そのビジュアルを見ればわかる通り、同商品だけでも充分インパクトが強いのだが、実はさらにパンチが効いたバリエーションも存在。それが、「ソースとんこつ大発明! (コロッケ)」(1,050円)と「ソースとんこつ大発明! (とんかつ)」(1,150円)だ。

そう、ラーメンの上にコロッケととんかつがドーンと鎮座するのである。ちなみに、この揚げ物トッピングの2商品は、全9店舗(札幌平岡店、新潟店、浜松町スタンド、西五反田スタンド、明大前店、高槻店、天神西通りスタンド、姪浜店、大宰府インター店)のみの販売となる。

○一度食べたらヤミつきになる味わい

今回、実際に食べたのはもっともヘビー級の「ソースとんこつ大発明! (とんかつ)」。目の前にすると、すごい迫力……では、さっそく食べてみよう!

まずスープは、とんこつベースの"ソース風味"ではなく"思いっきりソース味"。あと、ただ甘辛いソース味ではなく、数種のソースとスパイスをブレンドしているとあって、かなりスパイシーなのだ。これが食欲をどんどん刺激し、箸をノンストップで動かせる。

また、スープとよく絡む細麺はもちろんのこと、茹でキャベツと紅ショウガの個性派トッピングも◎。ソース料理のお好み焼きも焼きそばも、彼ら抜きでは成り立たない。そう、この「ソースとんこつ」も例外ではないのだ。ちなみに、天かすもトッピングできるのだが、入れてみるとまた違った食感が楽しめていいアクセントになる。

では、そろそろ皿からはみ出さんばかりのビッグとんかつを食べてみよう。正直「ラーメンにとんかつ……?」と不安だったのだが、これまたイイ感じに馴染んでいるのだ。そもそもとんかつはソースをかけて食べるものだし、このラーメンと合わないわけがない。

ちなみに筆者、夜にこの攻撃的なラーメンを食べることをすっかり忘れており、昼にも近所でラーメンを食べるという失態を犯していた……。しかし、昼に食べたオーソドックスなとんこつラーメンと、この「ソースとんこつ」はまったくの別物。こんなにもヘビーな見た目ながら、サラッと完食することができた。

○10月16日は新商品が一杯500円で食べられる!

1985(昭和60)年10月16日に創業した一風堂。32周年を迎える今年、同日10月16日~29日にこの「ソースとんこつ大発明」が期間限定で販売される。

また日本国内の85店舗にて、10月14日と15日は替玉麺1皿かトッピング(海苔・きくらげ・玉子)1品が無料になり、さらに10月16日は「白丸元味」「赤丸新味」「ソースとんこつ大発明!」が、なんとワンコインの税込500円に! 一風堂の渾身の一杯を、ぜひこの機会に堪能してみてほしい。

※価格はすべて税込

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【超コスパ】日清の冷凍食品『沖縄風ソーキそば』は単なる200円の奇跡 / 本日10月17日は「沖縄そばの日」
コンラッド東京「チャイナブルー」で話題の日曜限定サンデーファミリーブッフェ
日本人がよく食べる麺1位は、意外にも○○だった!
【100均検証】ダイソーの「インスタントコンロ(300円)」でサンマを焼いたら大変なことになった
ふわふわの“メレンゲしろたま”が作れる!チキンラーメン購入で「メレンゲしろたまメーカー」当たるキャンペーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加