最新ランキングをチェックしよう
BL界の芥川賞・木原音瀬の作品を羅川真里茂がコミカライズ! 吸血鬼とエンバーマー、2人の青年の出会いを描きだす

BL界の芥川賞・木原音瀬の作品を羅川真里茂がコミカライズ! 吸血鬼とエンバーマー、2人の青年の出会いを描きだす

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2016/10/21

「BL界の芥川賞」と称された作家・木原音瀬。三浦しをんも絶賛する彼女の作品は、2012年に『箱の中』が講談社文庫にて発売されるなど、BLというジャンルを超えて高い文学性が評価されている。そんな木原の人気シリーズ『吸血鬼と愉快な仲間たち』がコミカライズされ、このたび1巻が白泉社から発売された。手がけるのは羅川真里茂。『赤ちゃんと僕』や『ましろのおと』などで知られる、いわずとしれた人気マンガ家だ。
 

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米フェスティバルSXSWのミートアップイベント開催、プロデューサーが魅力語る
ナオミ・ワッツ、シングルマザーとしての子育ての難しさを語る
ジョセフ・ファインズ、オビ=ワン・ケノービ役獲得を阻んだものとは?
亀梨和也さんが宇宙人役に! 注目の映画『美しい星』がついに公開♡
CGがない時代、映画やテレビ用のロゴは物理的に作り出されていた。そのメイキングの舞台裏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加