小田急の新型ロマンスカー「70000形」完成 眺め充実

小田急の新型ロマンスカー「70000形」完成 眺め充実

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/12/05
No image

小田急電鉄は12月5日、2018年3月にデビュー予定の新型ロマンスカー「70000形」の車体が完成したと発表した。車体に鮮やかなカラーリングを施したほか、展望席や車内Wi-Fiなどの各種設備を充実させたという。愛称は「GSE」に決めた。

小田急電鉄の新型ロマンスカー「70000形」

車体をバラ色が基調の「ローズバーミリオン」、屋根部を深い赤色の「ルージュボルドー」でカラーリング。側面には、ロマンスカーの伝統色「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらった。

最前・最後車両は展望車両とし、16席の展望席を設けた。展望席の周囲には大型の1枚ガラスを採用し、眺望を格段に向上したという。通常車両の窓の高さは、旧型車両から30センチ高い100センチに設定。「流れゆく四季折々の風景を存分にお楽しみ頂ける」としている。

No image

展望車両

振動を低減する「電動油圧式フルアクティブサスペンション」を全車両に導入したほか、車両の異常な動きを検知した際に自動で緊急停止する「異常挙動検知装置」を取り入れて安全性を高めた。

車内に無料Wi-Fiを導入し、全座席に電源コンセントを配置するなど、ビジネスパーソン向けの設備も充実させた。4号車を除く各車両の出入り口付近にスーツケースの設置スペースを設けるなど、収納面も改善した。

No image

通常車両

このほか、温水洗浄機能付きのトイレ、防犯カメラ、授乳などが可能な多目的室――なども設けて利便性を高めた。

愛称は「Graceful Super Express」の略で、「Graceful」とは開発コンセプトの「優雅さ」を意味する。ロマンスカー担当乗務員の制服も70000形の運行開始に合わせて変更し、さらなるブランドイメージの強化を図るとしている。

No image

ロマンスカー担当乗務員の新しい制服

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
赤ちゃんの遺体にレジ袋 葬儀会社の説明は...
ショック!あの元アイドルが「大人の男性向け派遣サービス店」で窃盗していた
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
神戸製鋼グループのコベルコ教習所で“手抜き講習” 受講者2万3千人が補講や追試へ
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加