元モー娘。福田明日香、離婚後の“極貧生活”を告白 引退後の苦悩も

元モー娘。福田明日香、離婚後の“極貧生活”を告白 引退後の苦悩も

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/12/06

福田明日香/モデルプレス=12月5日】モーニング娘。の元メンバーで歌手の福田明日香が、5日放送のテレビ東京系バラエティ番組「マジか!その後の人生 栄光を掴んだ天才達 今を大追跡SP」(よる6時55分~)に出演。番組ではシングルマザーとして生活する福田の現在に密着した。

No image

(写真 : 福田明日香/「PEACE$TONE」asukaオフィシャルブログ(Ameba)より)

元モー娘。福田明日香が離婚 理由も告白<コメント全文>

◆福田明日香、離婚後の“極貧生活”を語る 食費は月1万円

福田は1997年、同局のオーディション番組「ASAYAN」内で行われたオーディションから、中澤裕子、石黒彩、飯田圭織、安倍なつみとともに「モーニング娘。」を結成。1期メンバーとして活動し、1999年4月に学業優先のため卒業、同時に芸能界を引退した。

引退後は2015年に一般男性と結婚し、2016年2月に第1子女児を出産。2016年7月に離婚し、シングルマザーとなった。

現在は2Kのアパートに2歳の娘と暮らし、パートとして働いている福田。切り詰めた生活をしているようで「節約が趣味。自分で買うものはほとんど100均ですね。一番いき過ぎていた時は重曹水で髪の毛を洗っていました」と極貧生活を送っていた時期も明かし、「食費は頑張って切り詰めれば(1か月)1万円以内でおさめられる」と話した。

◆福田明日香、モー娘。脱退の真相と引退後の苦悩

「モーニングコーヒー」でメジャーデビューを果たした当時、福田は12歳。改めて脱退の理由を聞かれると、「めまぐるしい環境の変化に12歳だった私の精神がついていかなかった。思うように声が出なかったり、体が動かなかったり。このまま活動を続けるのは難しいと思った」と精神的に追い詰められていたという。

引退後も周囲の声を気にするあまり、対人恐怖症に陥っていたことを告白。「歌さえやっていなければこんなことにはなっていなかった」と思い悩んでいた過去を打ち明けた。

しかし仕事先で歌うことを頼まれたことを機に、再び音楽の楽しさを感じることができたという福田。現在は6年前に結成したバンドでボーカルを務め、ボイストレーナーとしても働いている。「目の前で聴いてくれているお客さんに、私の歌った歌詞が届いたと思う瞬間がある。その瞬間があるから辞められないんです。お客さんが涙してくれる瞬間もあって、やっていてよかったなと思う」と笑顔で音楽について語っていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ東京

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAPの3人に亀裂!?草なぎ剛がふと漏らした再分裂の「兆候」
某人気芸人、各局が一斉に起用自粛か...収録中にキレて制御不能、ウケる若手許せず
「完全に主夫」「嫁の印税で食べてる」「勝ち組」......芸能界“ヒモ”と呼ばれるタレントは?
妻の不倫でメディアに“倍返し”した太川陽介の「してやったり」
桐谷美玲“激ヤセ隠し”登壇で取材陣が心配する「重大病の可能性」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加