阪神マテオ、高橋、桑原がCSへ万全 1回0封登板

阪神マテオ、高橋、桑原がCSへ万全 1回0封登板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

阪神対ロッテ 2番手で登板したマルコス・アウレリオ・マテオ(撮影・栗木一考)

<みやざきフェニックスリーグ:阪神3-0ロッテ>◇11日◇KIRISHIMAサンマリン宮崎

阪神マルコス・マテオ投手(33)、高橋聡文投手(34)、桑原謙太朗投手(31)の3人が、ロッテ戦で調整登板を行った。

CSでの登板を見据えたもので1イニングに限定して登板。3投手とも無失点に抑えた。

投球を見守った金村投手コーチは「文句ないです。予定通りでひと安心。CSに万全な状態で臨めるようにしてほしい」と期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あえて関西のマイナー大学を選んだ男が「低い構え」でドラフトを待つ
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
プロ野球「戦力外通告」選手の“掘り出し物”たち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加