最新ランキングをチェックしよう
東京為替:ドル上げ渋り、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感残る

東京為替:ドル上げ渋り、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感残る

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/11

株式会社フィスコ
11日午前の東京市場でドル・円は109円10銭前後で推移。本日は東京市場が休場となるため、ドル・円を含めた主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。ただし、欧米諸国の株安や米長期金利の低下を受けてリスク選好的なドル買い・円売りは一段と縮小しており、北朝鮮情勢の緊迫化に対する警戒感は消えていないことから、ドルの上値は重くなるとみられる。ここまでのドル・円の取引レンジは109円0

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世紀のヒット商品『写ルンです』の"ルン"の意味って知ってる?
シチズン、5000円台ソーラー「Q&Q SmileSolar」初の36mmケース登場
驚異の12分間回転――「ハンドスピナー」開発にアツくなる企業の正体
住宅ローン「金利の低さ」で選んだら、人生失敗する可能性
「燃料電池車」は期待外れの大失敗なのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加