6月に大規模被害の「NotPetya」、いまだ企業の売上減と経費増加の要因

6月に大規模被害の「NotPetya」、いまだ企業の売上減と経費増加の要因

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

毎日のように、世界中のセキュリティファームや研究者らによって新たな脅威やマルウェアが発見され、被害データが公開されている。こうした状況が続くと、以前発見されたマルウェアやサイバー犯罪がまるで終了したような感じを受けるが、中には攻撃を継続するマルウェアもあり、状況は深刻なものになっている。

Cybereasonは11月9日(米国時間)、「NotPetya still roils company's finances, costing organizations $1.2 million in revenue」において、2017年6月に大規模な感染をもたらしたマルウェア「NotPetya」の被害が現在も続いていると伝えた。同社は、四半期でNotPetyaの被害によってもたらされる損害は12億ドルに達しており、決して無視できない状況と指摘している。

NotPetyaは、発見された当初はランサムウェアではないかと見られていた。ランサムウェアはあらかじめ標的を絞り込んで攻撃が実施されることが多い。しかし、調査の結果、NotPetyaはランサムウェアではなく、破壊を目的としたワイパーと呼ばれるマルウェアであることが判明。不特定多数を対象とした破壊目的の攻撃であった可能性が高いと見られている。記事では、こうした破壊目的の攻撃が増えていることを指摘している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元小結旭鷲山「あの部屋の人を殴ったのが間違い」騒動は貴乃花親方の“異質さ”
ふなっしー「テレビ出演しない理由」に称賛集まる
高橋一生、月9『民衆の敵』大爆死のウラで......あのヒット連ドラのオファーを蹴っていた!?
NYの2000円ラーメンを笑う日本人に教えてあげたい「景気の話」
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加