片づけのプロ・中山真由美さんが指摘!「汚部屋」の原因はズバリこれ

片づけのプロ・中山真由美さんが指摘!「汚部屋」の原因はズバリこれ

  • レタスクラブニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

「汚部屋をすっきり改造するには、その原因を改善しなくちゃダメですよ」と片づけのプロ、中山真由美さん

家のいろいろな部屋にものがあふれかえって収納できない、ごちゃついた「汚部屋」を何とかしたい、と改造を決意した大河内えりなさん(仮名)。片づけのプロ、中山真由美さんにレスキューを依頼。家じゅうの「汚部屋」をチェックしてもらいました。「ここを改造しないと始まりませんよ」と中山先生が指摘した汚部屋の原因は……?

【写真を見る】ものが多すぎて管理できていないうえ、定位置が決まっておらず、取り出しにくく収納されているクローゼット

【大河内家の汚部屋の原因はここ!】

●ものが多すぎて管理できていない

使っていないものに収納場所を占拠されています。使いたいものが埋もれていて、見つけられないこともしばしば。持っていることを忘れて同じものを買い、さらにものが増えるという悪循環を生み出しています。

●ものの定位置が決まっていない

空いたスペースに脈絡なくどんどんものを入れているので、同じアイテムがあちこちに。それだと家族が何をどこにしまったらいいのか分かりません。結果、ものが出しっぱなしになり、部屋が散らかることに。

●ものが取り出しにくく収納されている

どのエリアも、下から上へとものを積み重ねて収納しています。使いたいものが下にあると無理やり引っ張り出すことになり、山が崩れてぐちゃぐちゃに。その繰り返しで、何となく雑然と汚く見えてしまっています。

あなたの家の「汚部屋」の原因も同じでは!?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
退職を考えるきっかけ、1位は?
ボディビルダーの女性が訓練をピタッと止めて3か月→どうなると思う?
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加