【東京モーターショー2017】パイオニア、走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開へ

【東京モーターショー2017】パイオニア、走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11
No image

パイオニア ブースイメージ

もっと画像を見る
パイオニアは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」の出展概要を発表した。

パイオニアブースでは、近未来の自動運転社会に向けて開発しているさまざまな“新(真)価値”を提案。メインステージでは、これまで同社が培ってきた技術やノウハウを用いて実現する“自動運転時代の安心、快適なカーライフ”を大型LEDディスプレイで紹介する。

ブース中央に設置した「コンセプト・コックピット」では、一般道での自動運転レベル3以上を想定した安心・安全機能やエンタテインメント機能を体験できるほか、MEMSミラーを用いた独自の走行空間センサー「3D-LiDAR」を初公開。ブース内をリアルタイムで計測した点群画像をモニターで見ることができる。

また、面発光、薄型・軽量で、曲げられるフレキシブルタイプの有機EL照明パネルを使用した「テールランプ&ターンシグナル」や、高輝度・高コントラストで色純度の高い「レーザースキャンHUD(ヘッドアップディスプレイ)」など、近未来のカーライフを彩る最先端技術の数々を展示する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JDI、深まる経営危機...アップルをサムスンに奪われ巨額損失、法的整理も現実味増す
ロッシとバトルするロボット? ほか、ヤマハ発動機の東京モーターショー2017出展概要
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
企業とデザイナーが組んでデザインの視点から素材の可能性を引き出す企画展がスタート
トヨタ、残業代を毎月17万円で一律支給する制度導入 仕事を早く終えるほど得 長時間労働無くす狙い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加