オリックス・平野、29日ぶり20S 昇格即九回マウンドへ

オリックス・平野、29日ぶり20S 昇格即九回マウンドへ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/11
No image

9回、力投する平野佳(撮影・北村雅宏)

「オリックス4-2西武」(10日、京セラドーム大阪)

帰って来た守護神が、威光を取り戻した。2点を勝ち越した直後の九回、オリックス・平野が締めくくった。

「帰ってきたんだから最後と決めていた」と福良監督。この日出場選手登録されたばかりの平野は、八回に同点弾を打たれた2年目・近藤のプロ初勝利の権利をしっかり守ってみせた。

出場選手登録を抹消されたのが7月22日。その前日はサヨナラ負け。球宴明けの後半戦早々、抑え失敗が続き、平野は2軍調整を直訴した。

久々の1軍マウンドで、1回1安打無失点。「早く上がってきてくれと言われていた。迷惑を掛けていたので、しっかりこれから頑張らないと」と平野。29日ぶりのセーブで2年連続4度目の20セーブに到達し、通算150セーブにあと3と迫った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
菊池雄星ら受けた反則投球基準に落とし穴/里崎智也
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加