冷凍しておけば忙しい日に便利!美肌に嬉しいおススメの冷凍ストック食材

冷凍しておけば忙しい日に便利!美肌に嬉しいおススメの冷凍ストック食材

  • 美LAB.
  • 更新日:2017/10/12
No image

冷凍しておけば忙しい日に便利!美肌に嬉しいおススメの冷凍ストック食材

仕事で毎日忙しいと、帰宅してから料理をするのも億劫になってしまいますよね。そこでおすすめなのが、食材をあらかじめ切って冷凍しておくという方法。特に美肌作りに欠かせない食材は、常備しておくととっても便利です。今回は、冷凍保存に向いていて美容に嬉しい栄養豊富な食材を4つご紹介します。時間のある週末にストックを作っておくと、平日の調理がとてもラクになりますよ!

●食物繊維豊富なキノコをストック!

秋が旬のキノコ。年中手に入りますがこれからの季節は特に種類も増え、味も濃く栄養価も高まるのでおススメです。キノコ類には、美腸作りに欠かせない豊富な食物繊維や、疲労回復効果が期待されるビタミンB群、カルシウムの吸収を高めるビタミンDなどの栄養が豊富です。冷凍する際は、石づきを取って手で裂き、食べやすくしておきましょう。エリンギやシイタケなど厚みのあるキノコは、包丁で薄めにスライスしておくと便利。エノキは、約3㎝幅にカットしておくと食べやすいでしょう。キノコ類はたんぱくな風味のため、どんな料理にも合わせやすいのも嬉しいポイント。数種類のキノコをミックスして冷凍しておくと、炊き込みごはんや炒め物、お味噌汁など、なにかと重宝しますよ。

No image

●アンチエイジングや冷え予防に嬉しいカボチャをストック!

ほくほく美味しいカボチャ。そのままだと固いカボチャ、仕事帰りの忙しい夜にイチから調理するのは面倒ですよね。そんなカボチャは、蒸したり、電子レンジで加熱して一度火を通してから、食べやすい大きさに切り分けて冷凍保存しておくと、時短調理にもつながりとても便利です。カボチャには、細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が高いビタミンEが豊富。ビタミンEは血流をサポートする働きもあるので、これからの季節、冷え性が気になる方にもおススメです。ビタミンEは油脂類と合わせるとカラダへの吸収率が高まります。相性の良い肉類と一緒にソテーしたり、あたたかいスープの具材にして、仕上げにオリーブオイルを少したらすとおいしく、効率よくいただけます。

No image

●乾燥肌予防や美肌作りに嬉しい赤パプリカをストック!

気温も湿度も下がりはじめる秋は、お肌の乾燥が気になります。乾燥肌になるとかゆみや赤味など肌トラブルが起こりやすくなってしまうので、事前に乾燥を防ぐことが大切です。赤パプリカには、粘膜やお肌の細胞を乾燥から守って強くするビタミンAが豊富に含まれています。また、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCや、抗酸化作用の高いビタミンEも含まれています。これらは相乗効果で抗酸化力を高めるといわれています。まさに赤パプリカは美肌作りやアンチエイジングの強い味方なんです。ビタミンCは加熱調理に弱いので、スティックサラダにするなど生食がおススメです。ビタミンAやビタミンEを効率よく摂りたい時は油脂類と合わせて加熱調理すればOK。目的に応じて調理法をかえてみましょう。

No image

●アンチエイジングに嬉しいベリー類をストック!

ブルーベリーやラズベリーなどが安く手に入る場合は、是非多めに買っておきましょう。優しく水洗いして水分を拭き取ってから冷凍保存すれば長期保存が可能です。ベリー類には、抗酸化作用の高いポリフェノールや美肌作りに嬉しいビタミンCなどの栄養素が豊富です。手作りスムージーの材料にしたり、ヨーグルトやパンケーキにトッピングするとおいしくいただけます。うっかりフルーツを切らしてしまっていた!という時にも、冷凍ベリーがあると便利ですよ。

No image

●食材を冷凍する際のポイント

いかがでしたか?保存しておくと何かと便利な美肌食材たち。冷凍する際は、しっかり水分を切ることポイントです。使いやすい分量ごとにラップに包んでから、食品用保存袋に入れて、出来る限り空気を抜いて密封し、冷凍保存を。カボチャなど加熱した食材は、冷めてからラップに包んで冷凍庫に入れること。温かいままだと水蒸気が水滴になり、腐敗の原因になってしまうので注意しましょう。冷凍した食材は約2週間で使い切るのが理想です。食材を無駄にしないためにも、忙しい日の時短調理のためにも、冷凍ストックを上手に活用して、身体の中からキレイを磨きましょう!

國塩 亜矢子フードコーディネーター提供記事をもっと読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【美脚】モデル・仁香も歩いて13キロ減! 簡単「キレイになれる歩き方」を解説【ダイエット】
【キャンメイク】温熱♡蒸気チークで色っぽフェイス
【セザンヌ】繊維たっぷりまるで自眉が作れる♡眉マスカラ
歩くとスカートが回る「骨盤」の歪み。手軽に整えるエクササイズ2つ
食べてないのに太る...30〜40代女性の代謝をUPさせる食材&調理法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加