独裁者を「事実上ハグ」 仏外相、不安定化招くトランプ流外交術に懸念

独裁者を「事実上ハグ」 仏外相、不安定化招くトランプ流外交術に懸念

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/06/14
No image

シンガポール・セントーサ島で握手を交わすドナルド・トランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(2018年6月12日撮影)。

【AFP=時事】フランスのジャンイブ・ルドリアン外相は13日、ドナルド・トランプ米大統領がわずか数日のうちに、歴史的に同盟関係にある国々との関係を悪化させた一方、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とは「事実上ハグを交わした」として、「不安定化をもたらす」同大統領の外交政策を批判した。

ルドリアン外相は、12日の歴史的な米朝首脳会談について「疑いの余地なく一歩前進」と評価する一方、トランプ大統領の外交術に懸念を表明。

仏テレビ局「CNews」に対し外相は、「たった1日の間にトランプ大統領は、歴史的な同盟国であるカナダの(ジャスティン・)トルドー首相を攻撃し、ケベック州でのG7(先進7か国首脳会議)後に同盟諸国を捨てた。そして次の日には、数日前までは完全に対立しているとしていた共産主義専制国家の独裁者と事実上ハグを交わした」と指摘した。

続けて外相は、「われわれは不安定な状況下にある」と述べ、「トランプ大統領は先の戦争後に構築された多国間協調主義の手段を徐々に解体すると決めた。現在は不確実性とリスクをはらむ時期であり...米国は自らのパワーの内に閉じこもっている」と語った。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いつの時代の話だよ・・・日本のタクシー運転手による「中国にはないだろう自慢」に中国人困惑
スズキが中国企業との合弁を解消―中国メディア
米朝会談を「世紀の凡戦」と酷評する人が見落としている、重要なこと
落下してきた母親のひつぎが直撃、息子が死亡 インドネシア
「Made in Japan」のイメージは?韓国ネットで最も多く挙がったキーワードは...

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加