G-SHOCK初! GPSナビに対応 - カシオ「G-SHOCK RANGEMAN」をCESで見た

G-SHOCK初! GPSナビに対応 - カシオ「G-SHOCK RANGEMAN」をCESで見た

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/14
No image

●究極のサバイバー「G-SHOCK MASTER OF G RANGEMAN」

CES 2018が開催された米ラスベガス・コンベンションセンターのメインホールには、今年もカシオがブースを出展。ニュースでお伝えしている腕時計「G-SHOCK RANGEMAN」(レンジマン)シリーズに、スマホアプリと連携したGPSナビゲーションやワイヤレス充電機能を搭載した「GPR-B1000」を披露しました。

カーボンファイバーを織り込んで強度を高めたバンドはブラックとカーキの2色バリエーションがあります。アメリカでは4月に800ドルで発売を予定していますが、日本での発売については未定とのこと。サバイバルシーンでの活躍を想定したタフなルックスがオトコゴコロをくすぐるG-SHOCKです。会場で実物を手にするとワクワク感がますます高まってきました。日本上陸が待ち遠しい!

スペックについては別記事『カシオ「G-SHOCK」、究極のサバイバルタフネス「RANGEMAN」』でお伝えしている通りですが、G-SHOCKシリーズでは初めて、GPSを時刻取得だけでなくナビゲーション機能にも使っています。Bluetoothでペアリングしたスマホとアプリ「G-Shock Connected」(Android/iOS対応)の合わせ技で、ルート作成・トラッキング情報のログ管理などが行えるようになりました。

画面はバッテリーの長寿命性能にも貢献するモノクロ液晶表示。時刻とルートを同時に確認できるレイアウトになっています。リューズを回すと、GPSログリストや本体設定の項目を表示。本体内蔵の方位、気圧/高度、温度のトリプルセンサーによる情報をトラッキングデータと一緒に記録したり、スマホで写真を撮影したら通過ポイントごとにログを残して、あとからアプリ上で写真と思い出を確認するといった楽しみ方もできます。

GPS機能オン時のバッテリーライフは33時間。ソーラー充電機能が搭載されているので、5万ルクス程度の太陽光があれば、GPS機能を最長48時間ぐらいまで使い続けることができるようになります。本体背面にワイヤレスチャージャーを装着して、5時間でフルに充電が可能。リアパネルの素材2mm厚のセラミックとしたことで、ワイヤレス充電に対応しながら電波感度を確保。十分な強度性能も得られたことが特徴です。

なお、バッテリーが完全に切れて時刻表示までもが無くなることがないように、ソーラー充電によって時刻は表示し続ける仕様になっているので安心です。本体は20気圧防水と-20度の耐低温設計。サファイアガラスの風防が外部からの衝撃によるダメージから本体を強固に守ります。

●G-SHOCKの新顔「G-SQUAD」

CESでは、G-SHOCKのファミリーに加わるエントリーモデル「G-SQUAD(GBA-800)」も出展されていました。こちらはアメリカでの価格・発売日も未定。6色のカラフルなバリエーションがそろい、女性も身に着けやすい軽量・コンパクトな腕時計です。

GBA-800も、Bluetoothでスマホに接続して「G-Shock Connected」アプリとともに使えます。3軸加速度センサーで取得した歩数、消費カロリーなどの情報を記録して、フィットネスに役立てることができます。

○PRO TREK Smartにはホワイトの限定カラーモデル

2017年のCESで発表された「PRO TREK Smart(WSD-F20)」には、こちらも別記事『カシオ、Android Wearウオッチ「PRO TREK Smart」限定カラー』でお伝えしている、「世界限定1,500台」のプレミアムな限定カラーモデルが登場します。

CESの会場で実物を見ると、蛍石(フローライト)をイメージしたという透明なピュアホワイトがとてもきれいですね。普段、WSD-F20のメインカラーであるオレンジモデルを愛用している筆者も、思わずもう一台欲しくなってしまいました。

WSD-F20は、Android Wear 2.0をプラットフォームとして搭載しているスマートウオッチです(カシオではSmart Outdoor Watchと呼んでいます)。WSD-F20の特徴は、アウトドアやスポーツシーンでの活躍を明確にうたっていることで、こうしたジャンルの注目アプリも次々と対応してきています。発売以来、スキーアプリ「Ski Tracks」、ゴルフ向けの「HOLE19」や「スマートゴルフナビ」、フィッシング用の「Fishbrain」などをはじめとした定番が加わっています。

■カシオのAndroid Wearウオッチ「PRO TREK Smart」を持ってスキー! - 最高速、高低差、滑走距離、いろいろ見えて楽しい!

CES 2018のカシオブースでは、WSD-F20の多彩な使いこなしに改めてハイライトして、スマートウオッチの魅力を来場者に伝えることも狙いのひとつにしていました。もちろん、WSD-F20の各種機能と対応アプリは日本版モデルでも楽しめので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
手首での心拍計測にも対応するスントのスマートウオッチ「Spartan Trainer」に2つの新デザインがラインアップ
アマゾン、「レジのないコンビニ」をついに一般公開
リビングに置くだけで、ふだんの生活が一気に変わる!スマートスピーカー
Gmailの受信トレイを整理! 知ると便利な2つのテクニック
Crucial MX500は性能と信頼性が向上 - 製品担当者が高コスパをアピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加