9・16、背番16、16勝へ東浜デー ホークスM1

9・16、背番16、16勝へ東浜デー ホークスM1

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

1日の楽天戦でマジック16が点灯し背番号を見せてポーズを取る東浜。左は中村晃

「16」ぞろいの「東浜の日」-。リーグトップタイの15勝を挙げている東浜巨投手(27)が、2年ぶりの優勝が懸かる「16」日の西武戦に先発する。14勝目を飾った1日の楽天戦でマジック「16」を点灯させた背番号「16」は、巡り巡ってマジック1で迎える大一番のマウンドへ。開幕からローテを守り続けてきた1年間の集大成として、リーグ単独トップの「16」勝目を狙う。

野球の神様は粋な計らいを用意していた。V奪回に王手をかけて臨む16日の西武戦。晴れ舞台の先発が、1年間ローテを支えてきた背番号16に巡ってきた。自身の好投で1日に点灯したマジック16は、順調に1まで減った。さらには、リーグ単独トップの16勝目もかかる。何重もの「16」に彩られた「東浜の日」に向けて、主役が武者震いした。

「まだまだ先はあるけど、こうやって勝てば優勝という試合に投げさせてもらえるのは、意気に感じて投げたい。ただ、やることは変わらない。しっかり集中して、一人一人と対戦できるようにしていく」

Vロードの締めくくりに最もふさわしい勝ち頭だ。序盤から先発投手が相次いで離脱する中、バンデンハークとともにローテを守り抜いた。自身初の2桁勝利&規定投球回も早々にクリア。交流戦開幕もリーグ戦再開も後半戦開幕も、節目のマウンドには必ず東浜が上がり勝ってきた。工藤監督も「一番投手陣が苦しいときに頑張ったからね」と高く評価している。

15日はチームより一足先に遠征先に入り、3連戦に先発する千賀、和田とともにメットライフドームで前日調整した。その表情は普段より幾分硬かった。「バリバリ緊張しています。なかなか味わえないものだし、緊張感もかみしめながら投げられればいい」。今は重圧も力に変えられる。

「気にしていない」というタイトル争いでも大きな意味を持つ。ハーラーダービーは菊池(西武)と並びトップの15勝。「パ・リーグでは一番だと思う。一発があって破壊力も一番」と警戒するレオ打線を封じ、ライバルに一歩先行する16個目の白星を奪いにいく。

リーグ最速Vの記録を更新するチャンスはきょう16日のみ。成長を見せつける最高の舞台が整った。「しっかりと打者に向かっていけるようにしたい」。緊張感の中にみなぎる闘志。「9・16」を記念日とするべく、胸を張って歓喜へのマウンドに上がる。 (小畑大悟)

◆甲斐リードとバットで援護

甲斐が“名コンビ”でのリーグ優勝を望んだ。今季は東浜が先発した全22試合でバッテリーを組んでいる。リーグトップタイの15勝の右腕が先発する16日西武戦での優勝決定に向け「勝負事だから分からないけど、そうなるのが一番」と語った。8月はわずか1安打だったが、9月は打率3割6分4厘で、調子は右肩上がり。リードとバットで援護し、リーグ優勝の瞬間を堪能する。

=2017/09/16付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
清宮プロ入り表明で新たなドラマも!?「歴代指名競合数」を振り返る
各球団発表、9月21日の引退は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加