ベトナムで初の100%外資給油所、出光も出資

ベトナムで初の100%外資給油所、出光も出資

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/11
No image

株式会社フィスコ

出光興産株式会社は、クウェート国際石油(KuwaitPetroleumInternational-KPI)との提携で、5日にハノイ市のタンロン工業団地内で第一号店の小売りガソリンスタンドを開設した。出光は、経済発展を続けるベトナムの燃料油需要拡大を見込み、今後安定した石油製品の供給をしていくとしている。

一号店のガソリンスタンドは多くの日本企業があるタンロン工業団地内に設けられた。出光興産とKIPがこれまで欧州での経験を生かした給油所運営ノウハウを積極的に導入する。ベトナムでは初となるキャッシュカードで支払えるPOS(販売時点情報管理)/カード決済システムも導入された。

出光興産とKPIは2016年4月にそれぞれ50%を出資し、石油製品の卸売・小売り事業を目的としたベトナム現地企業「出光Q8ペトロリアムLLC」を設立した。今後、同社は北部最大の国際貿易港であるハイフォン港から首都ハノイ市の間を結ぶ高速道路沿いを重点的に出店していくネットワークを開設する計画だ。

(翻訳編集・黄蘭)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホンダ CB400SF 新型発売...最高出力56psへアップ、新排ガス規制にも対応
先進的高付加価値・農業研修にアジア12カ国から来日ーアジア生産性機構(APO)
日本レーザーはなぜホワイト企業の代表格なのか?「社員のモチベーションが10割」な真似できない経営哲学
ヤマハが農業を変える? ドローン参入、無人ヘリ30年のノウハウ活かし
【日本初】トラック2台分の超大型車両「ダブル連結トラック」が運用開始!人手不足の解決策となるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加