Jリーグが9月の月間MVPを発表! J1は4戦3発の川崎FW小林、J2は松本山雅の10番工藤

Jリーグが9月の月間MVPを発表! J1は4戦3発の川崎FW小林、J2は松本山雅の10番工藤

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/10/12
No image

9月のJ1月間MVPに輝いた小林 [写真]=J.LEAGUE

Jリーグは11日、明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 9月の月間MVPを発表した。

J1では川崎フロンターレのFW小林悠が選出された。小林は9月の4試合で3ゴールと攻撃陣をけん引。首位・鹿島アントラーズを追うなかで、上位の横浜F・マリノス戦やセレッソ大阪戦で価値あるゴールを決め、チームの月間無敗に貢献した。

小林のコメントは以下の通り。

「たいへん光栄に思います。9月は4つの大会に参加し、全ての大会でタイトルを目指しながら戦ってきました。過密日程の中で、ACLは非常に悔しい敗戦となってしまいましたが、キャプテンとしてプレーし、常にチーム一丸となって戦えていること、フロンターレを応援していただいている全ての方々と共に戦えている充実感を感じた9月でした。シーズンはまだまだ続いていきますが、タイトルに向けて全力で戦っていきたいと思います」

またJ2では松本山雅FCのMF工藤浩平が月間MVPに選ばれた。工藤は9月の松本山雅の快進撃に貢献。チーム11得点のうち、3ゴール1アシストの活躍に加えて守備面でもチームを支えた。中でも9月のスルーパス数は2位以下を大きく突き放し、J2で1位を記録。Jリーグ選考委員会は「ゲームメーカーとして攻守にわたって活躍した」点を高く評価している。

No image

9月の月間MVPに選ばれたMF工藤浩平 [写真]=J.LEAGUE

工藤のコメントは以下の通り。

「仲間たちの力があってこそ自分が輝くことができるので、チームメイトに感謝したいです。そしてチームの状況が良いときも悪いときも、特に試合の苦しいときに熱く応援してくれるサポーターの皆さんにも感謝しています。8月の3試合はベンチに甘んじていましたが、チーム戦術の中で自分の力をどう出していくかというのを考えさせられ、『自分が出たらこうしてやろう』という気持ちを強く持って試合に臨みました。勝ち続けることで上にプレッシャーを与えながら、最後は昇格してみんなで笑えるようにしたいです」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>中国メディアが「アジアナンバーワン!」「この選手に敬礼!」と手放しで絶賛した日本人選手
浦和、10年ぶりのACL決勝進出決定! R・シルバの決勝弾で上海を下す
【ACL】“フッキ封じ”を完遂した槙野智章。ひりつく展開に「あんなに時計を見たのは久しぶり」
混乱J2群馬、群馬出身タレントJOYもファンの“SOS”に同調「県民にもっと愛されないと」
上海上港のマナー違反に大ブーイング 浦和ボール時に中断、ボール返さず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加