もう一つの顔、が欲しい #深夜のこっそり話 #822

もう一つの顔、が欲しい #深夜のこっそり話 #822

  • SPUR
  • 更新日:2017/10/13
No image

今夜は来月あたまに公開されるトム・フォード監督第二作、『ノクターナル・アニマルズ』の試写会に行ってきました。前作『シングルマン』同様に、トム・フォードの美意識がいたるところで炸裂しているので(ネタバレにならない感想を一つだけ。映像のパワーに圧倒されながら、「私も丁寧にメイクしなくちゃなあ」と思わされました!)、興味のある方はぜひ心して臨んでみてください。

前作公開時にインタビューの機会も得たのですが、映画づくりに臨むトムの姿を眺めて思うのは、片手間でない“別の顔”ってとんでもないな、ということ。アメリカで先月公開されたロダルテのデザイナー、マレヴィ姉妹による初監督作『WOODSHOCK』も衣装やセット含め見ごたえがありそうだし、写真家としても活躍するカール・ラガーフェルドや、現在はモード界から距離を置いているかつてのエディ スリマン、ある意味ではファレルやリアーナもそうかもしれませんが、本業で少なからずすり減ってもいるだろうにクリエイションへの衝動、恐るべし(突出した才能を持つ人はそもそも違うのでしょうか…)。そして、一流のファッション関係者がいろいろなジャンルで活躍することで、世の中がどんどんおしゃれになっていくのは喜ばしい限り。私だって“別の顔”を持ちたい!とうらやましく思いつつ、まずはいまの仕事でちゃんと足場を作らなきゃ、とハッとさせられた夜です…。(エディターM)

グッチ常連モデルの“別の顔”とは?>

カート・コバーンのトレードマークTシャツでもおなじみ、鬼才ミュージシャン兼アーティストの初個展>

秋の夜長にチェックしてみては? 映画に関するトピックス>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画以上に激動の人生!帝王イヴ・サンローランが遺した8つの偉業【映画に見る憧れのブランド~第5回イヴ・サンローラン】
【映画評】斉木楠雄のΨ難
ズバリ、邦画が世界でヒットしない理由とは?
10月21日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
新垣結衣「モニタリング」で男装!?逃げ恥の平匡ライトとのコラボに視聴者大興奮!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加