こうして東京都美術館での騒ぎが大きくなってしまった

こうして東京都美術館での騒ぎが大きくなってしまった

  • アゴラ
  • 更新日:2019/06/26

東京都議会議員の川松真一朗(墨田区選出・都議会自民党最年少)です。

東京都歴史文化財団評議員会開催

昨日は東京都歴史文化財団の評議員会が開かれました。この財団は江戸東京博物館をはじめ都立文化施設の指定管理を受けている団体で政策連携団体・事業協力団体です。議会からも数名が評議員になっており、各専門家の皆さんも含まれて活発な議論が毎回なされます。

今回は決算等についてでして、来館者数者や運営体制についてのチェック的な要素が大きいものでした。事業の中には、生活文化局と連動している事業もあります。2020年にむけて「TokyoTokyoFestival」事業については「認知度向上に努めていく」という発言がありました。私はこのことについて、1年後にやってくるオリンピックを控えて、「つまで認知度向上に努めるのか?」と尋ねました。

この事業は東京文化プログラムとして、16年のリオ大会後から始まっています。3年経ってもなお、事業が浸透していない事に危機感はないのかという趣旨の発言でした。むしろ、ここから先は一段上がったステージで事業を展開していく気概が必要だと財団執行部に要望したところであります。

都美術館でのトラブルについて

さて、評議員会は予定された通りの審議事項で様々な意見は出されましたが終了しました。むしろ、火がついたのは、その終了後に特別に報告事項として上がりました東京都美術館の ↓ 件です。

今日は東京都美術館のクリムト展に行って絵を見てたら、急に車椅子に乗った男に殴られた。びっくりしすぎて固まってたら、さらに無言で2〜3発殴られた。美術館の人に伝えると「常連のお客様で頻繁にトラブルを起こす方なんですけど、こちらでできることは口頭注意くらいです」とのこと。
— 峰なゆか (@minenayuka)
2019年6月15日
from Twitter

本件については、美術館側からもコメントが出されていますが(文末にリンクを貼っています)、これは、ANNのニュースの通り、作品鑑賞中に女性が他の鑑賞者とトラブルになったことです。場面場面で問題はあるのですが、今回はこちらの女性が被害を訴えられた際に対応された現場スタッフがきめの細かい対応をしていなかったことがいけなかったのではないかという意見もございました。

私が話をしたのは…静かに鑑賞していて予期せぬところからコンタクトがあったらそりゃあ誰だってビックリする。それは力の加減の問題ではなく驚きは相当なもの。しかしながら、相手の男性もなぜそんなことをしたのか現場で仲裁に入って話をしていたら、双方がその場で解決できる可能性もあったのではないか。少なくとも、本件を受けて世間は「東京都美術館はとんでもない美術館」と思っている人もいる。どうやって信頼を取り戻していくのか…という未来志向の話をしたのであります。

特別展としての構造的課題見つかる

これは、文化施設の中でも「特別展」という特殊な構造で起こってしまった件でありました。来館者からすれば、美術館にいる人は、みな「美術館の人」です。しかし、実際には「特別展」については主催者がおり、特別展内の仕切りは基本は館ではなく主催者が行います。

本件で女性がはじめに声をかけたかも、マクロでは「美術館の人」ですが、ミクロでは「美術館の人」ではないという不幸が重なりました。また、展示スペースにいる警備係がどうしていたんだという声もあります。あくまで、警備係は「作品」を守っていて、まさか展示中に鑑賞者同士が揉めるという想定で警備に当たっていないのが通常なわけです。

そこにいる人=「美術館」のスタッフ?

これまでは上記のような認識でも同様のトラブルが起こりはしませんでしたが、ある評議員からは、構造的な改善を求めるとして、今後、館内にいる人は属性の如何を問わず、来館者からすれば全て「美術館の人」という認識で、事態対応の共通認識、対応が出来るように教育をしてから展覧会を始めること。また、1人1人の来館者の皆様が気持ちよく鑑賞されお帰りになられるように、今までに以上にスペース内で気をつかうなどの体制でという事で、美術館側も財団側も前向きな姿勢だったと思います。

私達は現場の様子、例えば防犯カメラとか音声データがあるわけではないので、何が起きていたのか全く分かりません。今回、SNSを通じて表沙汰になった事しか分からないのです。だからこそ、トラブルを関知したスタッフはその場で両社の交通整理をして客観的に方向性が探れる感覚を持てるよう努力すべきという結論にも至りました。

東京都美術館、今後も頑張ってくれると信じています。

(参考)
館内トラブルについてのお詫び及び今後の対応について

No image

川松 真一朗  東京都議会議員(墨田区選出、自由民主党)
1980年生まれ。墨田区立両国小中、都立両国高、日本大学を経てテレビ朝日にアナウンサーとして入社。スポーツ番組等を担当。2011年、テレビ朝日を退社し、2013年都議選で初当選(現在2期目)。オフィシャルサイトTwitter「@kawamatsushin16」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Dragon Ashメンバーらが大麻所持容疑で逮捕
“京アニ火災”奇跡的に残ったイラスト
宮迫×ロンブー亮会見6 松本人志に電話「嘘を...」
男確保の瞬間 “死者33人”京アニ火災
宮迫告発 吉本社長発言にネット震撼「事実ならブラック」「相当ヤバい」...真相は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加