「ワンダーウーマン」ガル・ギャドット、“セクハラ”ブレット・ラトナー関与なら続編サインせず

「ワンダーウーマン」ガル・ギャドット、“セクハラ”ブレット・ラトナー関与なら続編サインせず

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

ガル・ギャドットが勇気ある主張 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

ワンダーウーマン」に主演したガル・ギャドットが、「ワンダーウーマン2(仮題)」への出演を渋っていると、Page Sixが報じた。

「ワンダーウーマン2(仮題)」には、前作の最大の功労者といわれるパティ・ジェンキンス監督の続投が決まっているため、ギャドットの出演は確定とみられていた。しかし、いまになって出演契約書へのサインをためらっているのは、ブレッド・ラトナー監督によるセクハラ疑惑が明るみに出たためだ。

ワンダーウーマン」を製作・配給する米ワーナー・ブラザースは、ラトナー監督の制作会社ラットパック・デューン・エンタテインメントと共同出資契約を結んでいるため、同社は世界累計興行収入8億2000万ドルを超える大ヒットを記録した「ワンダーウーマン」から巨額の利益を手にしている。しかし現在、ラトナー監督が複数の女性からセクハラを告発されていることから、ギャドットは続編からラトナー監督の排除を要求し、それが実現しない限り出演しないと主張しているという。

関係者は、「ギャドットはワーナーがこの問題において自分の味方につかざるを得ないことを熟知しています」と語っている。さらに、「女性の社会的地位向上を目指す映画を、女性に対するセクハラで訴えられている男性によって、部分的にせよ出資させるわけにはいきませんからね」ともコメントを寄せている。

「ワンダーウーマン2」は、2019年12月13日の全米公開を予定している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
MISIAが錬金術師に、映画世界観と完全コラボしたMV公開
「スター・ウォーズ」7作品がHuluで配信、テレビアニメシリーズも
11月23日の注目映画第1位は『鋼の錬金術師』
誰も知らない、全く新しい「サザエさん」爆誕
『ジグソウ:ソウ・レガシー』死んだジグソウが復活?意表を突くアイディアがスゴ過ぎ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加