松井玲奈主演『名古屋行き最終列車』第6弾にして初の連ドラ化

松井玲奈主演『名古屋行き最終列車』第6弾にして初の連ドラ化

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/12/07
No image

松井玲奈主演、メ~テレドラマ『名古屋行き最終列車』第6弾は連続ドラマとして2018年1月より放送(C)メ~テレ

名古屋鉄道を舞台にしたメ~テレ制作の地域密着ドラマ『名古屋行き最終列車』の第6弾が発表された。2012年に第1弾、14年以降は毎年1回、4日あるいは5日連続という形式のスペシャルドラマとして放送を重ねてきたが、今回は全10話の連続ドラマとして制作。主演は、第1弾から同一人物を演じてきた松井玲奈が務める。

【写真】ローカル・ドラマ賞を受賞したことも

名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる、笑いあり、涙あり、人情あり、コメディーありのストーリー。 アイドルから女優に転身し、映画や舞台で活躍する松井が、6年目の「名古屋行き最終列車」で、何を見せてくれるのか。

松井は「このドラマが始まった時は20歳だった私も、26歳です。今回は1クールのドラマとして放送することになりました。つまり『連ドラ』になったのです。10話もあります。私が演じる一美についても大きな変化がやってきます。どんな変化なのか? それはぜひあなたのその目で見てください。2018年年明け、いつものように寒い夜中ですが、ほっこりしたドラマお届けします」とコメントを寄せている。

開局55周年記念番組 メ~テレドラマ『名古屋行き最終列車2018』は来年1月15日より放送開始(毎週月曜 深0:20~0:50※愛知・岐阜・三重の東海地区ローカル)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内村光良が「NHKなんで」三津谷寛治に扮して故郷・熊本ロケ
ジャニーズ帝国崩壊の始まり!? 関ジャニ∞は「TOKIOや嵐になれない」のか......
過激発言の「暇な女子大生」ドラマ化! 池田エライザまさかの優勝
大門、余命3か月「ドクターX」細い体は伏線だった!
ドクターX「衝撃ラストシーン」にネット騒然!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加