松山、来季打点王を誓う 日本一へ「僕がチーム導きたい」

松山、来季打点王を誓う 日本一へ「僕がチーム導きたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/12
No image

飾り付けられたクリスマスツリーの前でほほ笑む松山=ハワイ・プリンスホテルワイキキ(撮影・吉澤敬太)

ハワイ優勝旅行中の広島・松山竜平外野手(32)が5日(日本時間6日)、打点王のタイトル獲得を誓った。今季は規定打席未到達ながら、チーム4位の77打点を記録。「来季はとにかく日本一になりたい。そのためには僕が打点王を取って、チームを導きたい」と使命感を燃やした。

打点王は「一番取りたいタイトル」という。東出、迎の両打撃コーチからも「打点王を取れ!」と指令を受けており、「期待に応えたい。100打点が目標。100取らないと(打点王は)無理だと思うので」と大台到達のノルマを課した。

今季は鈴木が負傷離脱した8月後半から4番に座り、リーグ連覇に大きく貢献。得点圏打率・367と勝負強さはチーム屈指だ。月間MVPに輝いた9、10月は20試合で23打点と荒稼ぎした。

レギュラーとして全143試合に出場するため、来季は開幕ダッシュを決める。今季は「新しいことにチャレンジしようとしたけど、間に合わなかった」と振り返る。その後、2軍で感覚を取り戻し、出場120試合で打率・326、14本塁打をマーク。「今の感じで成績も残せて、長打も出ている。今の状態を維持、強化したい。しっかりやれば大丈夫」とうなずく。プロ11年目を迎える来季は開幕から自慢の打棒を爆発させる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮の「21」に思いを寄せて――「日本・ロベルト・クレメンテ賞」の思い出
1時間以上も...ハム・中田 新人時代から変わらぬ“プロ”のファンサービス
ベテランが奮闘も...巨人の一塁手を振り返る
正しい情報を発信するために必要不可欠な取材ノート
「ジョーダン」じゃない!ヤクルト、手薄の左腕・アルメンゴ獲得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加