貴ノ岩の診断書 依然提出されず...八角理事長「体調が心配」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/07

冬巡業を休場している平幕・貴ノ岩の診断書は依然として提出されていない。5日には危機管理部長の鏡山理事(元関脇・多賀竜)が診断書提出を求める文書を貴乃花部屋に届けており、同理事は「来るんじゃないの、明日ぐらいに」とみている。貴ノ岩の状態については、貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に「相当、具合が悪い」と説明している。

相撲協会の危機管理委員会は、元横綱・日馬富士が書類送検された後に貴ノ岩の聞き取り調査を行いたい意向だが、貴ノ岩の状態次第ではできない可能性もある。八角理事長(元横綱)は「とにかく貴ノ岩の体調が心配。一番の被害者だから」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬暴行問題、越年必至...貴乃花親方側からは八角理事長「何もない」
日馬富士が飲んだ「貴乃花潰し」密約全容(2)二所ノ関一門の意向を反映
日馬富士暴行事件から1カ月 厳しい年内決着 貴ノ岩聴取を貴乃花親方が拒否
貴乃花のモンゴル力士との交際禁止が諸悪の根源
玉木正之のスポーツ内憂内患「白鵬の傲慢な言動こそ角界の『ウミ』だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加