シタデルのケン・グリフィン氏、仮想通貨ビジネス参入の意向なし【フィスコ・ビットコインニュース】

シタデルのケン・グリフィン氏、仮想通貨ビジネス参入の意向なし【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/07/19
No image

株式会社フィスコ

米国のへッジファンドのシタデル・インベストメント・グループのケン・グリフィン最高経営責任者(CEO)は18日、ニューヨークで開催されたデリバリングアルファ会議でビットコインに言及し、若者の世代がデジタル通貨への投資よりもより建設的なものに焦点を置くことを望んでいると語った。

さらに、ビットコインの購入を望む同社のポートフォリオマネジャーは一人も

いないと指摘。信じていない製品に流動性を供給する位置に自分を置きたくないと、仮想通貨ビジネス参入にも否定的な意見を示した。

グリフィン氏は1990年にシタデルを設立。シタデルは現在、300憶ドル以上の資産を運用している。

一方で、機関投資家による仮想通貨参入への期待感も根強い。72アセット・マネジメントを運営している米国の著名投資家のスティーブ・コーエン氏は仮想通貨に特化したヘッジファンドに投資する計画を明らかにしたほか、米国投資銀行のゴールドマンサックスも顧客の要請を受け、仮想通貨トレーディングチームを新たに作ったことをすでに明らかにしている。見解は分かれるようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スズキ「ジムニー」を一年待ちでも買うべき理由
ついに世界の期待に応えた! マツダの新ロードスター
手に入れるためには、まず「手放すこと」
山道も水たまりも快適に走れる 「MERRELL」トレイルランニングシューズ
電通、日本eスポーツ連合のマーケティング専任代理店に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加