世界に衝撃!松山が64で首位 丸山以来日本勢13年ぶりの快挙/全米プロ

世界に衝撃!松山が64で首位 丸山以来日本勢13年ぶりの快挙/全米プロ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/13

全米プロ選手権第3日(12日=日本時間13日、米ノースカロライナ州・クウェイルホロー・クラブ=7600ヤード、パー71)第2ラウンド(R)の残りが行われ、第3Rがスタート。前日の第2Rで首位に3打差の15位から出た世界ランキング3位の松山英樹(25)=LEXUS=が7バーディー、ボギーなしの64で回り通算8アンダー、メジャーで自身初の首位に立った。64はメジャーで自己ベスト。世界中から称賛の声が挙がった。

約7時間の戦いを会心のプレーで終えた。松山が第2Rのベストスコア、メジャー自己最高の64。猛チャージでメジャー初の首位に立った。

「とんでもないショットがあったので、よくノーボギーで回れたなという印象。ショートゲームで助かった」

出だしからショットに安定感を欠いた。1、2番(ともにパー4)はパーオンできず、アプローチで寄せてパーセーブ。序盤で耐えると、後半で一気に爆発した。

12番(パー4)は残り138ヤードからの第2打をPWで2メートルにつけてバーディー。続く13番(パー3)、14番(パー4)でもスコアを伸ばした。

15番(パー5)でティーショットを放った後、雷雲の接近で競技が中断。クラブハウスのロッカールームで待機したが「疲れていたので、いい休憩だなと思って休んでいた」。1時間42分後に再開すると、第2打を右に曲げたが絶妙のアプローチで1メートルに寄せて4連続バーディーだ。

「グリーンマイル(死刑台への道)」と言われるほど難しい上がり3ホールも攻略。池越えの17番(パー3)は8Iで2メートルにつけてバーディー。ボギーなしで終えた。

これまで今年6月の「全米オープン」第2Rの65だったメジャーでのベストスコアを更新。日本勢が首位に立つのは2004年の全米オープン第1Rと第2Rでの丸山茂樹以来となる快挙だ。

それだけに周囲から称賛の声が挙がった。同組で回ったメジャー通算4勝のアーニー・エルス(47)=南アフリカ=は「ミスに動じずリカバリーができている。成長している」と絶賛。松山が常にエルスより20ヤード以上、ドライバーショットを飛ばしたことに「それは私が昔よく勝っていたときと同じようなプレーだ」。全盛時の自分に重ねてメジャー制覇への太鼓判を押した。

全米プロが1958年にストロークプレーで争われるようになってから、第2R終了時点で首位に立った選手が優勝したのは59大会のうち25回。松山のメジャー初制覇は目前に迫っている。(白石大地)

★丸山茂樹の2004年全米オープンVTR

第1Rを4アンダーの66で首位発進。第2Rは68でフィル・ミケルソン(米国)と並んで首位をキープした。ミケルソンとの最終組で出た第3Rは74とスコアを落として4位に後退。最終Rは難しいピン位置と強風の影響で1人もアンダーパーで回れない難しい条件の中、76と粘り、メジャー自己最高の4位に入った。

全米プロ

全米プロゴルフ協会(PGA)主催で、毎年8月に開催コースを変えて行われるメジャー最終戦。第1回大会は1916年に開催。99回目の今年は米ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(7600ヤード、パー71)が舞台。2019年から5月に開催される。最多優勝はウォルター・ヘーゲン、ジャック・ニクラウス(ともに米国)の5度。昨年覇者はジミー・ウォーカー(米国)。

クウェイルホロー・クラブ

米ノースカロライナ州シャーロット市内から車で南に約30分の位置。1959年に開場。昨年の米ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」後に芝をライグラスからバミューダに張り替えバンカーを新設。1、2番を合わせた新1番(524ヤード、パー4)など総距離7600ヤード(パー71)。名物は16番からの上がり3ホールの「グリーンマイル(死刑台への道)」。2003年から13年間の「米ツアー上がり3ホール難度ランキング」で5度も1位に。メジャー初開催。

No image

松山が最もクウェイルフォローで熱いゴルファーだと見出しをつけて大きく報じる地元の米シャーロット・オブザーバー紙(撮影・白石大地)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イ・ボミ今季初V王手 畑岡奈紗は27位で予選通過
イ・ボミ「70歳なのに...」Vの裏に樋口久子氏マネ
松山英樹のメジャー4大会。ウッズ流に言えば「素晴らしい1年」だった
大山、1差3位キープ!勝って父に副賞のショベルカーを/国内女子
マキロイがプレーオフ第1戦の出場を表明、フェデックス・カップ連覇目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加