参院TPP特別委 米の脱退めぐり論戦

参院TPP特別委 米の脱退めぐり論戦

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/12/01
No image

TPP(=環太平洋経済連携協定)の承認案を審議する参議院の特別委員会では、アメリカのトランプ次期大統領がTPPからの脱退を表明していることについて議論が続いている。

民進党の大野議員は安倍首相がこれまで通り、今の国会でのTPPの承認を目指していることをめぐり、アメリカが不参加になった場合の責任を追及した。

民進党・大野議員「総理は(トランプ氏の脱退表明という)そういったお考えを聞いた上で、それでも米国が入らなければ意味がないというTPPを、ここで審議をしろと。トランプ氏との議論をふまえて、(アメリカが)不参加の場合には見通しが甘いと言われますけども、そこは責任をお感じになられてますよね」

安倍首相「米国のまさに移行期にある状況について、日本が意思表明をすることは意味がないとは、私は決して思わないわけでございます。自由貿易を進めていく上において、その中でルールを作ったこの意義について、しっかりと世界に発信をしていく、今まさに私たちは、その役割を担っているんだろうと、このように考えているところでございます」

また安倍首相はTPPに代わる日米2か国による自由貿易協定の可能性については「発言を控えさせていただく」と述べるにとどめ「アメリカが何とかTPPの意義を理解するように全力を挙げていきたい」と強調した。これに対して大野議員は「トランプ氏が何を言おうと審議してきたがここは一旦廃案にし、整理してからもう一度、議論するのが筋だ」と主張した。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小池百合子知事、政治塾で初めて「都議選に候補者擁立」を宣言
「息をするようにウソをついている」のは蓮舫氏ではないか
「部落差別解消推進法」が成立
「官民データ活用推進基本法」成立に向けて4
石破茂元幹事長、衆院1月解散「十分ある」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加