朝比奈沙羅オール一本勝ちV 異例の賞金1000万

朝比奈沙羅オール一本勝ちV 異例の賞金1000万

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

朝比奈沙羅(2016年4月2日撮影)

<柔道:世界無差別級選手権>◇最終日◇12日◇モロッコ・マラケシュ

柔道の世界無差別級選手権最終日は12日、モロッコのマラケシュで女子が行われ、世界選手権78キロ超級銀メダルで世界ランキング1位の朝比奈沙羅(21=東海大)が決勝で同級世界ランク2位のツェリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を下し、優勝した。支え釣り込み足からの抑え込みにつなげる必勝パターンで2回戦からの全4試合を一本勝ちした。

6年ぶりに開催された今大会を世界選手権のリベンジ機会として「しっかりと無念を晴らしたい。(世界王者に与えられる)赤ゼッケンを取りにいく」と臨んだ。柔道界では異例の優勝賞金約1000万円を獲得し、付き人に道着をプレゼントするという。次はグランドスラム東京大会(12月2、3日、東京体育館)に出場する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元王者・五十嵐 4年ぶり王座だ、スキンケア効果でもうひと花
福原愛の次に中国で有名なWBO世界王者・木村翔が大晦日決戦で誓う無名返上
大仁田厚“最後の弟子”佐瀬昌宏に電流爆破を許可
現役最年長!74歳・グレート小鹿が意欲「来年はどこかのベルトをもらいたい」
木村 初防衛戦へ、泥くさくても勝つ「赤坂マラソン出たい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加