小平奈緒たった「0・26秒差」の2位!インスタートだったら勝てた?

小平奈緒たった「0・26秒差」の2位!インスタートだったら勝てた?

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/02/15

平昌オリンピック女子スピードスケート1000メートルで、小平奈緒が銀、高木美帆が銅メダルをとり、「ダブル表彰台」となった。小平はトップとは0秒26の僅差で、五輪新記録だった。

松嶋尚美(タレント)「インスタートだったら勝ったのとちがう?」

坂口孝則(経営コンサルタント)「世界の2位になっても謙虚で、感心しました」

阿部祐二リポーター「日本とオランダの対決という感じで、2人が表彰台に上がったのは圧巻でした」

司会の加藤浩次「まだ小平は500メートル、高木もパシュートがあります。金・金になるのではないですか」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
工藤静香が「嫌いな夫婦」に続き「嫌いな歌手・アイドル」でも首位! なぜこんなに嫌われたのか?
日本人よ信じられるか、NYのレストランはこんな雑なサービスをする
真矢ミキ、赤荻アナに「元劇団バカにしてますか?」
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加