AirPods Proが耳にフィットしない人はBeats Solo Proを買えばいい?

AirPods Proが耳にフィットしない人はBeats Solo Proを買えばいい?

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/11/10
No image

ノイズキャンセリング機能を搭載したAirPods Proが発売となったばかりですが、イヤーチップが耳にフィットしないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。米メディアCNBCは、AppleのBeatsブランドのワイヤレスヘッドホン「Solo Pro」をAirPods Proの代替デバイスとして推奨しています。

人間工学に基づくデザインで、長時間の使用でも快適な着け心地と光沢のあるスタイルを実現

発売からわずか1日で約2週間〜3週間待ちとなるほど大変な人気を誇っているAirPods Proですが、同様の機能がApple傘下のBeatsの新作ワイヤレスヘッドホン「Solo Pro」でも使用できることをご存知でしょうか。

Beats Solo Proのピュアアダプティブノイズキャンセリングテクノロジーは、リアルタイムオーディオキャリブレーションにより周囲の雑音を能動的に遮断します。

また、周囲の雑音を自然にフィルタリングし、周りの状況に常に気を配ることができる「外部音取り込みモード」も使用することができます。

低消費電力であることもSolo Proの特徴のひとつです。ノイズキャンセリングと「外部音取り込みモード」をオフにすれば、バッテリーは最長40時間持続します。

AirPodsをケースから取り出してすぐに使えるのと同じように、Solo Proもヘッドホンを開くだけですぐに使うことができ、Siriによるハンズフリーコントロールも可能となっています。

販売価格は29,800円(税別)と、AirPods Proの27,800円(税別)よりも2,000円高いだけです。カラーは、ライトブルー、レッド、ダークブルー、アイボリー、ブラック、グレイの6色構成です。

No image

AirPods Proのイヤーチップがどうしても耳にフィットしにくいという方は、Beats Solo Proを選択肢の一つとして考えてみても良いのではないでしょうか。

Source:CNBC

Photo:Beats

(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムービー内の動きをたった1枚の写真に反映して写実的なムービーを作り出すAIが開発される
また始まった三木谷商法に関係者は驚かず
ブラウザ版『ドラクエX』発表!PC・スマホに対応し2020年春正式サービス開始予定
CMOSイメージセンサへのAI搭載を目指すソニー - ITF Japan 2019
最大倍率は1000倍!スマホと使う顕微鏡「DIPLE」でマクロ世界を探索できる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加