東京為替:ドル・円は下げ渋り、日本株のプラス圏維持を意識か

東京為替:ドル・円は下げ渋り、日本株のプラス圏維持を意識か

  • FISCO
  • 更新日:2016/11/30
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は下げ渋る展開で足元は112円30銭付近で推移。一時112円06銭まで値を下げたが、日経平均株価がプラス圏を維持しており、ドルの下値は堅そうだ。市場では今晩ウィーンで現地時間11時に開催される石油輸輸出国機構(
OPEC)総会に注目が集まっているが、会合の結果による影響は短期にとどまるとの見方もある。

ここまでのドル・円の取引レンジは112円06銭から112円54銭、ユーロ・円は119円46銭から119円83銭、ユーロ・ドルは1.0641ドルから1.0660ドルで推移した。

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
ユニクロに1年潜入取材してみた!
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加