球界最重量級こだわりの940グラム/中村のバット

球界最重量級こだわりの940グラム/中村のバット

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/13
No image

バットを手に室内練習場へ向かう西武中村(撮影・山崎安昭)

西武中村剛也内野手(34)が12年以来となるバットの形状変更を決めた。昨季は腰痛などの影響もあり、115試合の出場で打率2割1分7厘、27本塁打、79打点と不本意な成績に沈んだ。希代のホームランバッターが、新たな相棒を手に、巻き返す。

長距離打者のバットは「グリップが細めで長さも長く、ポイントが先端方向」が一般的だが、中村のバットは異なる。長さは標準的な33・5インチで、重さは球界でも最重量級の940グラムある。グリップも含めて全体的に太い。契約するSSK社の担当は「ポイントも手元側。ホームラン打者のヘッドバランスとは真逆と言えるくらいです」と話す。

重い分だけ制御は難しくなるが、それが「自然と下半身中心に、体全体でスイングできる」(中村)ようになるという。ソフトバンク柳田やDeNA筒香は880グラム前後のバットを使用。昨季の首位打者、西武秋山は長さは同じ33・5インチで、895~900グラムを使う。スラッガー、アベレージヒッターと、現在は900グラムを切るバットが全盛の中、中村のバットは一線を画す。高く舞い上がる独特の打球軌道は、そんな相棒が生み出している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天・岡島 恩師の星野さんに誓う「一丸となって頑張りたい」
千賀「クソ走る」衰えぬ上野由岐子から大きな刺激
杉内、永川...昨年1軍出場ゼロ、再起目指す“オーバー30”のベテランたち
イチロー、日本球界に復帰する“最適球団”は古巣でも地元でもなく...
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加