アストロズの強打者ベルトランが引退、20年間の現役生活に終止符

アストロズの強打者ベルトランが引退、20年間の現役生活に終止符

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/11/14
No image

17MLB、ヒューストン・アストロズ対ボストン・レッドソックス。3回に2点本塁打を放つヒューストン・アストロズのカルロス・ベルトラン(2017年6月17日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】米大リーグ(MLB)、今月上旬に球団史上初のワールドシリーズ制覇を成し遂げたヒューストン・アストロズの強打者カルロス・ベルトラン外野手が13日、20年間におよぶ現役生活に終止符を打った。

ポストシーズンでの活躍で「ミスター・オクトーバー」との呼び声も高かったベルトランは、ウェブサイトのザ・プレイヤーズ・トリビューンに、「このスポーツで20年間プレーできたことに感謝する。たくさんの素晴らしい球団でプレーできたことに感謝する。妻や3人の子どもたちと経験を分かち合えたことに感謝する。王者になれたことにも感謝する。しかし、選手としての自分のキャリアは終わりだ。現役から退くことを正式に表明する」と言葉を寄せた。

1998年にカンザスシティ・ロイヤルズでキャリアを開始したベルトランは、6年後の2004年にアストロズへ移籍。2005年から2011年途中までニューヨーク・メッツでプレーした後、サンフランシスコ・ジャイアンツ、セントルイス・カージナルス、ニューヨーク・ヤンキース、テキサス・レンジャーズを渡り歩き、2017年からアストロズへ戻っていた。

通算9度のオールスター選出を誇るベルトランは、ロサンゼルス・ドジャースと対戦した今季のワールドシリーズでは出場機会に恵まれず、わずか3試合で3打数無安打に終わったものの、優勝を目指すアストロズのロッカールームでは、若手選手を助ける役割を積極的にこなしていたと明かした。

プエルトリコ出身のベルトランは、スペイン語で「Muchas Gracias, Beisbol(ありがとう、ベースボール)」と表題が付けられたエッセーの中で、「私は常に優勝することを夢に描き、自分のキャリアでいつもその機会を追い求めていた。しかし、必ずしもワールドシリーズ制覇を成し遂げてから引退するということは考えていなかった。当初の目標は若手選手に経験を伝え、ベースボールに還元することだった」とつづった。

「ずっとそのことを望んでいた。できる限り最高のチームメートでいたかった。この20年間で、それを達成できたと思う。だから、(ワールドシリーズの)第7戦に勝っても負けても、自分のキャリアには満足していたはずだ。それでも、優勝リングを手にできたことはうれしい」

合計435本塁打を含めて通算2725安打を記録したベルトランは、1999年のア・リーグ新人王をはじめ、3度のゴールドグラブ賞と2度のシルバースラッガー賞に選出されたほか、2013年には社会福祉や地域奉仕に貢献した選手に贈られるロベルト・クレメンテ賞も受賞した。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
体ごと“柵越え”の驚愕キャッチ! 今季「MLBアワード」最優秀守備賞を受賞
【MLB】大谷移籍先大本命はヤンキースと米報道、オーナー「動き出したら喜んで...」
大谷争奪戦 ヤンキースが「圧倒的大本命」
【MLB】素手、ダイビング、帽子にスッポリ...今季最も記憶に残るファンのキャッチは
【MLB】FA、家族、WS第7戦...ダルビッシュが権威ある米スポーツ誌で明かした思い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加