ボクシング・高橋諒 国体V4 今後は「ゆっくり考えたい」

ボクシング・高橋諒 国体V4 今後は「ゆっくり考えたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

成年男子ミドル級決勝で攻め込む高橋(右)

10日に閉幕したえひめ国体。熱戦が繰り広げられた大会から、活躍した選手を紹介する。ボクシング成年男子の愛媛代表でフライ級の嶋田亨(28)と同ミドル級の高橋諒(26)はともに拓殖大OBで、今大会を最後に引退する嶋田は“有終V”を飾り、高橋は圧倒的な強さで国体4度目の王座に輝いた。

絶対王者が貫禄を見せつけた。国体では昨年の岩手大会に続く2連覇で、通算4度目のV。ミドル級を制した高橋は「期待に応えられてうれしい」と充実の笑みを浮かべた。

直前のフライ級で先輩・嶋田が初優勝。今国体を最後に引退することを知らされていただけに、「自分も泣きそうになった。嶋田先輩に続こうと思って頑張りました」と振り返る。決勝では栃木代表の相手に対して得意のボディーブローがさく裂。完勝で王座に就くと、リング下で待っていた嶋田と抱き合い、喜びを分かち合った。

山形県出身。昨年4月に愛媛県の「スポーツ専門員」になり、松山市に拠点を移した。先に来県していた拓殖大時代の2年先輩・嶋田と一緒にトレーニングに励み、階級は違うがグローブをつけて打ち合うことも多かった。

「大学時代から嶋田先輩は僕にとってヒーローだった。その先輩と一緒に優勝できて本当にうれしい」

全日本選手権でも3連覇中の高橋。今後については「東京五輪を目指すか、プロに挑戦するか、それとも引退して指導者になるか。これからゆっくり考えたい」と話した。まずは疲れを癒やし、新たな目標に向かって一歩を踏み出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
”ツヨカワクイーン”RENA、強敵ウィンにTKO勝利 年末「見に来いや!」
登坂、負傷で全治3カ月=年内復帰は困難-レスリング女子
ヒクソン・グレイシーが語る『PRIDE.1』高田延彦戦20年目の真実 「タカダがどれほどの実力の持ち主なのかは関係なかった」
RENA“無敵の勝負飯”に大喜び「6年間負けてない」
エンダム不気味 サンドバッグに面 練習も独特
  • このエントリーをはてなブックマークに追加