日本人ときのこの愉快な歴史 どうしてこんなに魅力的?

日本人ときのこの愉快な歴史 どうしてこんなに魅力的?

  • OVO
  • 更新日:2017/10/11
No image

きのこの季節。果物狩りや紅葉狩りは行くけれど、きのこ狩りはなかなか…。でも、昔はもっとポピュラーだったようだ。きのこの愉快な歴史を紹介した新書『日本人ときのこ』(山と溪谷社・東京)が発刊された。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

No image

奈良時代から江戸時代までの歴史書、説話、日記、俳諧集、料理本などさまざまな分野の史料から、日本人がきのこに親しんできた歴史を紹介している。きのこを食べて踊る尼さんの話、きのこで毒殺を図る僧侶の話、昔のきのこ料理、豊臣秀吉のきのこ狩り、きのこ狩りをうたった俳句などなど、日本人ときのこにまつわる文化的な話が満載だ。きのこに関係する絵巻や絵画、図譜などのビジュアル素材も掲載されている。価格は900円(税別)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【デカ盛り】総重量1キロで1000円だと!? 激コスパのローストビーフ丼を出す「たこ焼き屋」が発見される / 東京・都立家政『もんもん』
駅弁「峠の釜めし」が陶器ではなくなる? 益子焼から「紙容器へリニューアル」発表で誤解
「天丼てんや」初登場の天ぷらを使った秋限定メニュー「秋の海鮮天丼」「鴨天丼」「鴨天せいろ蕎麦」を食べてみた
【徹底検証】塩分大幅カット! スープ・ソースを使わなくてもウマいカップ麺を探してみた結果
星乃珈琲店『栗のスフレパンケーキ』を食ベた!でも、私を罵倒する声が......

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加