浮き輪の時速は30~40km 男性転落し一時意識不明に

浮き輪の時速は30~40km 男性転落し一時意識不明に

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

兵庫県赤穂市の沖合で、水上バイクに引っ張られた浮き輪から男性が海に転落しました。男性は頭を強く打ち、一時、意識不明になりました。

11日午後4時ごろ、赤穂市の福浦沖で、水上バイクに引っ張られた浮き輪に2人ずつ交代で乗って遊んでいた男女約20人のグループのなかの29歳の男性が海に転落しました。男性は「頭が痛い」と訴えて病院に搬送された後、意識がなくなりました。転落した際に何かで頭を強く打ったとみられます。海上保安部によりますと、現在は意識が戻り、命に別状はないということです。事故当時、水上バイクは時速30キロから40キロのスピードを出し、25メートルほどの長さのロープで「8の字形」の浮き輪を引っ張っていたということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子大学生が乳児の遺体を...ポリ袋に入れ遺棄か
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
【報ステ】北海道で観光バス転落、27人以上けが
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加