先発9人中7人が4割超えの二松学舎大付、打線爆発19安打14得点で明桜撃破

先発9人中7人が4割超えの二松学舎大付、打線爆発19安打14得点で明桜撃破

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/13
No image

第99回全国高校野球選手権大会 8月13日(第6日)試合結果

4番・永井は5安打、先発・市川は8回1失点の快投披露

第99回全国高等学校野球選手権大会は13日、大会第6日が行われ、第3試合は二松学舎大付(東東京)が明桜(秋田)を14-2で撃破し、2014年大会以来となる2回戦突破を決めた。先発野手9人中7人が打率4割を超える自慢の強力打線が本領発揮。最後まで攻撃の手を緩めることなく攻め続け、明桜を圧倒した。

東東京大会でチーム打率4割を超えた打力は本物だった。2回に内野安打と送りバントで1死二塁とすると、6番・秋広の右前適時打で1点を先制。さらに7番・市川がセンターへ三塁打、9番・永野もライトへ三塁打を放ち、この回3点を挙げた。

4回には永野の2打席連続適時打で1点を追加。5回にも相手失策で1点を加えると、6回に3点、7回に3点、8回に2点、9回にも1点を加え、19安打14得点の猛攻を披露。4番・永井は5打数5安打の活躍ぶりだった。

投げては、先発の市川が8回を6安打1失点に抑える快投で明桜打線を圧倒。余裕を持った戦いぶりで3回戦進出を決めた。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
大瀬良、藤浪から謝罪LINEに「気にしないで」 患部腫れも「大丈夫です」
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加