「トドメの接吻」志尊淳インタビュー 今度の“可愛さ”は一味違う 初共演・山崎賢人と「2人の間で今流行っている」こととは?

「トドメの接吻」志尊淳インタビュー 今度の“可愛さ”は一味違う 初共演・山崎賢人と「2人の間で今流行っている」こととは?

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/01/15

【志尊淳/モデルプレス=1月14日】山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)主演ドラマ「トドメの接吻(読み:キス)」(日本テレビ系、日曜よる10時30分~)に出演中の志尊淳(22)が、モデルプレスのインタビューに応じた。今作は、山崎演じる“愛に歪んだクズなナンバーワンホスト”堂島旺太郎(エイト)が、謎の女(門脇麦)のキスによって繰り返される“死のタイムリープ”に翻ろうされながらも、カネと権力で成り上がろうとする刺激的なラブストーリー。志尊は、旺太郎に懐くホスト・小山内和馬役。赤髪にイメージチェンジし、ハイテンションな演技で“可愛い後輩ホスト”を好演している。

No image

(写真 : モデルプレスのインタビューに応じた志尊淳(C)モデルプレス)

【さらに画像を見る】志尊淳を撮り下ろし!インタビューフォトギャラリー

◆志尊淳史上最もチャラい役 一味違う“可愛さ”で魅せる

「ホストクラブに行ったことがないので、リアリティを追求するというよりは、監督や自分の中のイメージで作り上げてます。髪も実際に地毛を赤に染めて。ホストの格好でいるときは違和感ないですけど、私服だと目立っちゃうのでプライベートでは潜もうとしています(笑)。口調もチャラくして。初のホスト役ですし、今まで演じた役で一番チャラい役です」。

本人もそう語るように、今作では“見たことない志尊淳”を見せている。映画「帝一の國」、ドラマ「きみはペット」(フジテレビ系)での“可愛いキャラ”をはじめ、現在放送中のNHKドラマ10「女子的生活」では「美しすぎる」と話題の“女子”姿を披露するなど、そのルックスを活かした役柄も多いが、今回の“可愛さ”は一味違う。

「“可愛い後輩”役ということで、その文字に負けないように頑張ってはいるんですが、“可愛い”仕草は一切ないんです。例えば『きみはペット』は分かりやすい可愛さでしたけど、和馬は後輩として『こいつ面白いな、可愛げあるな』っていう可愛さ。イメージは体育会系で、『ついていきます!先輩!』っていう可愛さを目指しています」。

さらに、「逆に分かりやすく『可愛くやって』って言われた方が…きつい(苦笑)」と意外な本音も。“可愛い”は得意分野かと思いきや、「照れも入ってきますし、『どうすればいいんだろう?』ってなってしまって…今回みたいに、上下関係における可愛さだと僕も後輩に感じることがあるので、共感できる部分があります」と役に寄り添った。

◆山崎賢人と初共演 「2人の間で今流行っている」のは…?

主演の山崎とは、今回が初共演。「共通の友達もいてプライベートでは何度か会ったことがあったんですけど、お仕事でがっつり絡むのは初。同じ年で共通点が多いので、毎日2人でふざけてます。『何いつもイチャイチャしてるの?』とか言われてます(笑)」とすっかり打ち解けている様子。

現場での印象を尋ねると「天然(笑)」と笑顔をこぼし、「もちろんかっこいい部分もあるんですけど、抜けてる感じが面白い。飾ってないので、人としてすごく素敵だなと思います」。同い年ということもあり「役柄では先輩後輩ですけど、現場ではそれもなく。普段からゲラゲラ笑っている関係性がそのまま役に活かせているのかなと」といい「本当にくだらない話しかしてないんですけど、2人の間で今流行っているのは、ホスト口調で『○○でーす』『○○入りまーす』とか言い合うこと(笑)。特に意味は無いんです(笑)」と和気あいあいといった雰囲気だ。

このほか新田真剣佑、佐野勇斗といった共演シーンの多いキャスト陣については「2人とも年下なので可愛いです。勇斗とは他の作品で一緒だったので仲が良いですし、真剣もプライベートで会ったことがあったので。真剣とこの現場で初めて会ったときは、スタスタって歩いてきて『よろしく』ってすっと手を出してきて握手を。さすが真剣だなと思いました」。

また、今旬の若手キャストが揃っていることでも話題を集めているが、それを意識しすぎることはないようで「各々違う作品で活躍している方々なので、もちろん刺激は受けます。でも、それ以上に皆で良い作品を、楽しい作品を作りたいなって意識が高いです。『○○が出てる○○に僕も出たいな』とか『○○はいい作品にいっぱい出てるな』とかそういう気持ちはなく、このメンバーで今できる最高の作品をという気持ちしかないです」と大きな瞳がさらに輝いた。

◆志尊淳に効く“トドメの一言”

最後に、タイトルにかけ「女性から言われたらたまらない、志尊淳に効く“トドメの一言”」を聞くと…「好きな人に言われたら何でも嬉しいんだろうな」とつぶやきつつ、「挨拶系に弱いです。『いってらっしゃい』『おかえり』『おはよう』『気を付けてね』とか、ちょっと距離が縮まった感じがします。近いからこそ言える言葉だと思いますし、さり気なく言われるとグッとくるかもしれません」。

ちなみに、逆パターンは?「そんなのないです!!“トドメの一言”なんてそんな…でも、僕も言われると嬉しいから、『いってらっしゃい』とか『おはよう』は近い存在の人には絶対言おうって決めてます」。

そう言って照れた顔は素の22歳。和馬とのギャップに、ドラマへの期待がますます高まる。(modelpress編集部)

■志尊淳(しそん・じゅん)プロフィール

生年月日:1995年3月5日

出身地:東京都

身長:178cm

2011年俳優デビュー。2017年は、主演ドラマ「きみはペット」(フジテレビ)、「植木等とのぼせもん」(NHK)、主演舞台「春のめざめ」、映画『サバイバルファミリー』、『帝一の國』、『覆面系ノイズ』など。 2018年はドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)、ドラマ10「女子的生活」に出演しているほか、平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い。」への出演も決定。秋には主演映画「走れ!T校バスケット部」の公開も控えている。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉岡里帆、「彼女とデートなう。」写真の破壊力にファン大絶賛
自宅でグラドル集め”おっぱいゲーム”に興じる芸人は?ネットがざわつく
フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激
芦田愛菜は学校生活で好感度上昇!?「美女&イケメン化」に成功した元子役3人
高畑裕太の現在の容姿や職業が判明、想像の斜め上だった! 芸能界復帰を画策するも“ママ離れ”はまだまだ先か!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加