「Slack」が日本語化に対応!年内にローカライズ機能を拡張

「Slack」が日本語化に対応!年内にローカライズ機能を拡張

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/09/15

ビジネス向けチャットツール「Slack」が、日本語へのローカライズに対応する。Slackを運営する米Slack Technologiesが、米国時間9月12日~13日に開催したSlackカンファレンス「Frontiers」で発表した。まず、標準の英語UIをフランス語、ドイツ語、スペイン語にローカライズする機能をリリースし、2017年中に日本語化にも対応する予定だ。

言語の変更は、Slackのトップページ左隅にある「Preferences」を開き、「Language & Region」メニューから設定できる。言語を設定すると、UIや「emoji」までSlack全体がローカライズされる。

No image

「Preferences」の「Language &#38

管理者は、Slackbotメッセージや招待状など、チーム全体に表示される部分の規定言語を設定できる。そのほかの部分は、個々のチームメンバーが自分で好みの言語を設定できるようになっている。

Slackでは、ユーザー企業が100カ国以上に拡大していることを受けて、今後はUIだけでなく、ヘルプセンターやサポート、決済のローカライズも進めていくとしている。ヘルプセンターは日本語化済みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SynologyのNASを使いDisk Station Manager(DSM)でiCloudのようにスマホ・PC・NASを同期する方法まとめ
現代幼女に「初代ゲームボーイ」を触らせてみた結果!案の定過ぎると話題に
現代っ子がゲームボーイをプレイしようとするとこうなるムービーが面白い
ビル・ゲイツ氏「最近Androidに乗り換えた」
パナソニックがトヨタ向けに電子インナーミラー 「ノア」「ヴォクシー」など4車種
  • このエントリーをはてなブックマークに追加