【衝撃】「NASAは1970年代に“火星の生命体”の証拠を掴み、隠蔽」当事者暴露! 葬られた「バイキング計画」の成果とは?

【衝撃】「NASAは1970年代に“火星の生命体”の証拠を掴み、隠蔽」当事者暴露! 葬られた「バイキング計画」の成果とは?

  • TOCANA
  • 更新日:2018/09/14
No image
No image

画像は「Thinkstock」より引用

火星に生命は存在するのか? 今年7月には欧州宇宙機関(ESA)が火星の地下に液体の水が存在する証拠を見つけたと発表するなど、火星の生命探索は科学的にも盛り上がっている分野といえるだろう。そんな中、1970年代にアメリカ航空宇宙局 (NASA) が行った、ある実験が再び注目を浴びつつあるという。なんと、実験の結果は「火星に生命が存在する」ことを示していたのだ。宇宙ニュースサイト「Space.news」が今月6日付で報じている。

1970年代にNASAが行った火星探査計画「バイキング計画」では、2機の探査機が火星表面に着陸し、多数の画像や観測結果など有益な情報を地球へと届けられた。この計画の重要な目標の一つは「生命の存在を調べること」であった。そこで探査機には、火星表面の土壌を集めて生物の痕跡がないかを調べる実験システムが組み込まれていた。この時に行われた実験は次の4種類である。

No image

バイキングの実験装置の模式図。画像は「WIkipedia」より引用

1. ガスクロマトグラフ質量分析計を使い、火星の土壌の成分を詳細に分析する実験。特に土壌を加熱した際に発生する成分が注目された。

2. 土壌試料をヘリウムガスで封入し、栄養素や水を与え、土壌から放出されるガスを計測する実験。土壌中に微生物がいれば、呼吸によるガス成分の変化が観測されるという仮定に基づく。

3. 放射性ラベルをつけた栄養素を与え、土壌中の微生物の代謝産物を捉えようという実験。もし微生物がいたなら、放射性ラベルを含む二酸化炭素などの代謝産物が発生するはずと考えられ、当時から最も有望視されていた。

4. 放射性ラベルをつけた炭素を含むガスで土壌をしばらく培養し、その後650度の高温で焼き、その生成物から放射性ラベルが検出されるかを調べた。もし土壌中に藻類のような光合成する生物が存在すれば、ガスから放射性ラベルがついた炭素を体内に取り込むはずと考えられた。

画像は「Thinkstock」より引用

これら4つの実験のうち、3つ目の実験でポジティブ、つまり生命の存在を裏付けるような結果が出たのである。当然大きく注目されたのだが、他の実験ではネガティブな結果が出ていることや、土壌中に含まれる非生物由来の成分でも同様の化学反応は起こるとの反論もあり、この「生命の証拠」は決定的なものではないと忘れ去られてしまった。

だが、この結果を火星の生命の証拠であると信じ続ける人物がいる。その一人が問題の実験のデザインや分析を担当した科学者ギルバート・レヴィン氏である。彼は微生物の検出や種類の同定の専門家であり、バイオテクノロジー企業の設立や研究開発に関わり、多数の特許も取得している有能な技術者でもある。レヴィン氏らは実験の結果が生命の存在の証拠であると訴え続け、その後もデータの解析を続けており、2012年にも論文を発表しているという。

No image

ギルバート・レヴィン氏。画像は「YouTube」より引用

この実験結果は近年見直されつつあるといい、最新の検査装置を使ってもう一度実験をすべきとの声もある。1970年代当時、火星探査機に積み込まれた機器は生命の痕跡を調べるには感度が低すぎたという指摘もあり、再度実験を行って、なぜあのような結果が出たのかをもう一度調べるべきとの指摘もある。だが「Space.news」の記事によると、NASAは不可解なことにその提案を受け入れることはなく、関心を示す態度すら見せないという。

火星に生命が存在する証拠を追い求めているはずなのに、NASAはなぜ過去の有望な実験の再現を求める声に耳を傾けないのだろうか? レヴィン氏は最近、「火星に生命が存在することをNASAは知っていると確信している」とも発言しているという。華々しく発表される火星探査の裏で、NASAは何かを隠しているのだろうか。いずれにしろ、地中に液体の水が確認され、生命の存在する可能性が高まっている今こそ、その痕跡を発見すべく新たな調査を行うときだろう。NASAの火星探査の行方を見守りたい。

(編集部)

レヴィン氏本人による解説(英語)。動画は「YouTube」より引用

参考:「Space.news」、「Wikipedia」、「SPIE.」、ほか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇宙の謎「消えたバリオン」問題が新たな観測手法によって解明へ
「ディッキンソニア」は地球最古の動物だった!5億5,800万年前の化石でその正体が明らかに(オーストラリア研究)
地球最古・5億5800万年前の生き物の痕跡が報告され、古生物学が追い求めてきた数十年来の謎が解明へ
「はやぶさ2」から分離のローバーが「リュウグウ」に着地。世界初の小惑星上移動探査に成功
下半身まひの患者、埋め込み型機器で歩けるように 米で画期的成果
  • このエントリーをはてなブックマークに追加