Flickrに枚数制限が。スマートに他のストレージに移行する方法

Flickrに枚数制限が。スマートに他のストレージに移行する方法

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2018/11/19

Flickrがなくなるわけではありませんが、新たな制限ができました。

写真は1000枚まで、以上。サイズを問わず、とにかく1000枚です。

Flickrが無料でテラバイトをくれる時代は、終わりを告げようとしているのです。

ヘビーユーザーは有料でFlickrにとどまるか、それとも移行するか

Flickrのガイドラインは、無視するとして、今後数カ月の間に、私たちはこのようなことを経験します。

その1:

1月8日火曜日より、写真が1000枚を超える無料ユーザーは、Flickrへの新規アップロードができなくなる。

その2:

2月5日火曜日より、写真が1000枚を超える無料ユーザーの写真を古いものから順に削除し始める。1000枚に達するまで削除が続けられる。

年間50ドルのFlickr Proにアップグレードすれば、写真を無制限にアップできるほか、広告なし、10分までの動画アップロード、統計機能など、楽しい機能が用意されています。

でも、50ドルを支払いたくないのであれば、手動でアカウントの剪定をしなければなりません。

あるいは、すべての写真を別のサービスに移行する時期なのかもしれません。

もちろん、恒久的な保存先ではなく、自分の作品集を見せるためのサイトとして使うのであれば、Flickrを続けるというのも1つの方法です。

その場合、Flickrに自動でやられてしまう前に、「Organize」ツールを利用して、使わなくなった写真は自分で削除しておきましょう。

移行するなら:Flickrから全写真をダウンロードする

以前は、全写真を一気に入手するには、サードパーティ製のツールが必要でした。

今でもたくさんアプリ出ていますが、おすすめの方法は、Flickrのウェブサイトから直接ダウンロードすること。あまり手間をかけずに、確実にすべての写真をダウンロードできますよ。

■写真をアルバムに分けて整理する必要がないなら

「Settings」にある「Your Flickr Data」セクションから、Flickrが保存しているあらゆる情報を入手できます。

Flickrによると、その情報には、「アカウントの設定、プロフィール情報、写真、動画」が含まれるそう。

Accountページの下のほうにある「Request my Flickr data」というボタンを押すと、数時間でリクエストが処理され、アーカイブがダウンロードできる状態になるとメールが届きます。

メールが待ちきれないときは、ページを見ると処理中であるか完了済みであるかがわかります。

No image

Screenshot: David Murphy via Flickr

■Flickrのアルバム機能で写真を整理しているなら

Flickrのアーカイブは向きません。写真が一括でダウンロードされるだけなので、再びアルバムページを見ながら手動で整理するのはかなりの手間になります。

それが嫌なら、アルバム経由で写真のアーカイブをダウンロードしてください。

Flickrのアルバム一覧を開き、アルバムの上にマウスオーバーして、ダウンロード矢印をクリックします。これを、アルバムの数だけ繰り返します。

その際、注意事項が1点。どのアルバムにも属していない写真は、この方法ではダウンロードされません。

ダウンロードしたあとのデータの保存先は?

写真をダウンロードしたはいいけど、それらをどうしたらいいでしょう? 複数のバックアップ手段を持っていない限り、デスクトップやラップトップに永久保存するのはあまりおすすめしません。

たった一度の悲劇でも、大切な写真を永遠に失うことになってしまうのですから。

クラウドもパーフェクトではありません。だって、Flickrのように人気で安定感があると思われていたサイトでも、このような大きな変更を突然発表するわけですから。

それでもやはり、どこかにアップロードしてハードウエアの故障に備えることは、最低でも必要ではないでしょうか。

Googleフォトで保存してみよう

No image

Screenshot: David Murphy via Google Photos

真っ先に思いつく保存先が、Googleフォトです。

高画質設定であれば無料、容量無制限。写真の最大サイズは16MP、動画の解像度は1080pまでと、多くの人にとって十分なスペックです。

最高品質で元データを残しておきた位なら、個人のGoogleアカウント(Google ドライブ、Gmail、Google フォト全て)に対して15GBまでは完全無料で保存可能。

それ以上保存したければ、お金を払ってGoogle Oneのストレージプランに入りましょう。

Flickr Proよりも年間20ドル安く(年間3800円)、写真を200GBまで保存できます。また、Flickrの2倍支払う(年間1万3000円)と2TBまで保存できるようになります。

500pxも選択肢になるかも:ただし週に7枚まで

No image

Screenshot: David Murphy via 500px

500pxも、選択肢の1つにいかがでしょう。アップロード無制限の基本プランは年間48ドルから。

料金はFlickr Proと大差ありませんが、新しいサービスをお探しなら非常に強力な代替案になりえます。ただ、無料アカウントはおすすめできません。

2000枚の上限のほか、週に7枚までというがっかりな制限がついてきます。

プライムユーザーならAmazon Photosも:ただし5GB

No image

Screenshot: David Murphy via Amazon Photos

Amazon Primeに加入している人は、Amazon Photosで決まり。サイズや解像度を問わず、無制限に写真を保存できます。

ただ、動画は無制限というわけにいかないようで、5GBの制限があります。これはすぐに埋まってしまうでしょう。

Amazon Photosの弱点は、Amazon Primeを解約すると無制限のストレージも消えてしまうこと。3カ月前後の猶予が与えられますが、いつかはAmazonによって写真が消されてしまいます。

自分で保存方法を考えるのもあり!

No image

Screenshot: digiKam

最後に、自作好きなら、自分で写真の保存方法を作ってしまうのもありです。

プライベートをクラウドにアップロードすることが不安なら、Adobe Bridge CCdigiKamなどのアプリを使って、デスクトップで写真を整理してください。

独自にウェブサーバーを契約して、LycheeCheveretoPiwigoなどのアプリを使ってオリジナルのギャラリーを作るのもいいでしょう。そうすれば、無制限のFlickr風の環境を永遠に楽しむことができますよ。

あわせて読みたい

賢くデータを管理するための、クラウドストレージの使いこなし方

スマホ内の大事な写真をうっかり削除しちゃった! 復元できる?

David Murphy - Lifehacker US[原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローランド、SNKとのコラボで「NEOGEO」ヘッドホンを発売
モバイル収納ストレージ完備!現代のビジネスパーソンに送るワイヤレス充電器内蔵パッドフォリオ「imSTONE Padfolio 2.0」
36時間再生できるワイヤレスイヤホン「Nanobuds」は3000円台!
日中つけっぱなしもOKな指輪型マウス「Coolest mouse ever」は新たなユーザー体験を提供
1インチの立方体に充電ケーブル、保存用メモリ、スマホ用スタンド、LEDライトなどを装備したマルチアイテム「WonderCube Pro」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加