ポール・マッカートニーが新車で購入したアストンマーティン「DB5」、ボナムズのオークションに出品!

ポール・マッカートニーが新車で購入したアストンマーティン「DB5」、ボナムズのオークションに出品!

  • autoblog
  • 更新日:2017/11/24
No image

【ギャラリー】1964 Aston Martin DB5 owned by Paul McCartney13

ボナムズ本社のあるロンドン・ニューボンドストリートで12月に開催されるオークションに、極めて英国らしい1964年型アストンマーティン「DB5」が出品される。ジェームズ・ボンドでお馴染みのクラシックなブリティッシュ・スポーツカーであるというだけでなく、この個体は元ビートルズのポール・マッカートニーが新車で購入したクルマなのだ。さらなる付加価値として、英国BBC『トップギア』で司会を務めたクリス・エヴァンスも所有していたことがあるという。

No image

ボナムズによれば、ポールはビートルズが米国の人気テレビ番組『エド・サリヴァン・ショー』に出演し、映画『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』の撮影を終えた後に、このクルマを注文したという。当初はブルーのボディにブラック・レザーのインテリアだった(こちらでご覧いただける)。ミュージシャンらしい特別注文として、フィリップス社製のレコードプレーヤー「Auto-Mignon」が装備されており、現在も使用可能な状態で残されている。またボナムズによると、新車時にはインテリアのレザーに音符模様のステッチが施されていたと伝えられているそうだ。ポールは同車を1964年に購入してから約6年ほど所有し、その間に結構な距離を走っていたようだ。1970年にクラッチ交換を受けた際、走行距離計は4万513マイル(約6万5,199km)を示していたという。当時、ポールがビートルズの活動で世界中を跳び回っていたことを考えると、驚くほどの距離である。

No image

ポールが手放した後、DB5のオーナーは何度か替わっている。"64 MAC"のナンバープレートは、クリス・エヴァンスが所有していたときに取得したものだ。2002年にはレストアされて、ブルーのボディとブラックのインテリアを取り戻した。その後、2012~2013年頃に始まった2度目のレストアで、シルバーのボディにダークレッドのインテリアへと変更されたのだ。今年完了したそのレストアによって、エンジンは排気量が4.0リッターから4.2リッターに拡大され、圧縮比も僅かに高められた結果、最高出力は282hpから315hpに、最大トルクが38.7kgmから42.2kgmにそれぞれアップしている。

このDB5は、12月2日にロンドンのニューボンドストリートで行われるオークションに出品される予定で、ボナムズの落札予想価格は125万~150万ポンド(約1億9,000万~2億2,000万円)。興味深いことに、保険会社ハガティによるコンクール・コンディションのDB5の査定額140万ドル(約1億6,000万円)を少し上回るだけだ。しかし、この個体が2012年のオークションで落札された際の30万7,000ポンド(当時のレートで約4,000万円)に比べると、大幅に価値は上昇している。

By JOEL STOCKSDALE

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】1964 Aston Martin DB5 owned by Paul McCartney13

■関連ギャラリー

【ギャラリー】Paul McCartney's 1964 Aston Martin DB5 Photos23

【ギャラリー】James Bond's 1964 Aston Martin DB5 Photos119

【ギャラリー】1965 Aston Martin DB5 Conbertible-Bonhams Paris 20155

■関連記事
・ビートルズのジョージ・ハリソンが所有していたアストンマーチンDB5が4250万円で落札
・レコードも聞ける! P・マッカートニーのアストン「DB5」が約4000万円で落札
・ジョン・レノンが初めて購入した愛車、フェラーリ「330 GT 2+2クーペ」がオークションに出品!

■関連動画

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テイラー・スウィフト“昨年のある恋”に苦しめられていた
ブルックリン・ベッカム 「男性ベストドレッサー」にトップ10入りし、嘲笑の的に!
ニール・ヤングが鉄道模型や車など競売に、総額3,400万円
インテル・イカルディ妻が元夫の家族と会ったと伊紙
ハル・ベリー、16歳下の音楽プロデューサーと破局
  • このエントリーをはてなブックマークに追加