広島 37年ぶり連覇は持ち越し DeNA下すも阪神は巨人と引き分け

広島 37年ぶり連覇は持ち越し DeNA下すも阪神は巨人と引き分け

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇セ・リーグ 広島5―4DeNA(2017年9月14日 マツダ)

No image

8回1死満塁、バティスタの右犠飛で生還する丸(左)

広島が5―4でDeNAを下し、2連勝。2位・阪神が延長戦で巨人相手に引き分けたため、優勝決定はならなかったが、37年ぶりのセ・リーグ連覇に向けた優勝マジックを「1」に減らした。15日は試合がなく、16日は広島がヤクルト、阪神は中日と対戦する。

広島は4―4で迎えた8回、1死満塁からバティスタの右犠飛で勝ち越し点を奪った。2回、松山の右越え13号ソロなどで2点を先取。直後の3回には先発投手のジョンソンが3点を失い逆転を許したが、その裏、田中の安打と盗塁を足場に2死三塁としてから松山の左前適時打ですかさず3―3の同点とし、4回にはバティスタの右越え10号ソロで勝ち越し。

7回には2番手・一岡が打たれて4―4の同点とされたが、1点勝ち越して迎えた9回には4番手・中崎が1死一、二塁のピンチを招きながらも4番・ロペスを投ゴロ併殺打に仕留めて勝利をものにした。

この時点で広島のマジックは「1」に。阪神が巨人に敗れれば優勝が決まるため試合後に通常行われるヒーローインタビューはなく甲子園の結果を待ったが、朗報は届かず。優勝決定は16日以降に持ち越しとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
ハム大谷V弾、DeNA大勝/23日プロ野球まとめ
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加