八王子実践vs都立板橋

八王子実践vs都立板橋

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/09/17

1、2、3番の快速トリオが八王子実践を勝利に導く!

No image

2番・左村が一塁線に2点適時塁打を放つ(八王子実践)

「初の公式戦ということで不安で仕方なかったんですけど、攻守ともによくやってくれました。(点数をつけるとしたら)70点くらいですかね」試合後、八王子実践の西田 満監督はホッとした表情で試合を振り返った。

とはいえ、西田監督の言葉とは裏腹に攻守ともに都立板橋を圧倒した試合となった。初回、八王子実践は二死二、三塁から相手バッテリーミスで先制。さらに6番・小林 伸太朗に右中間を破る、2点適時三塁打が生まれ幸先よく3点を先制した。
続く2回は、一死から9番・田口 諄也の安打を皮切りに怒涛の4連打で2点を追加。序盤で完全に主導権を握った。

八王子実践は4回にも、鷲田 亮太の適時三塁打や敵失などで3点を追加。さらに6回には、5番・片江 健斗の強烈な中前適時打が生まれ9対0とリードを広げた。そしてこのまま試合終了。7回コールド9対0で八王子実践都立板橋に勝利した。

投げては、エース・田口が好投。都立板橋打線に的を絞らせず、7回を被安打1無失点という結果であった。田口の好投に西田監督は「夏は3年生投手しかいなく、公式戦の経験者が今のチームにいないのでどうなるかと思いました。しかしよく投げてくれた」と田口を讃えた。
加えて「これまで怪我が続いて満足なパフォーマンスができなかった選手。好調だったOP戦通りの投球をしてくれました」と笑顔を見せた。

西田監督が田口以上に評価をしたのが1、2、3番の3選手だ。前田 哲大、左村 竜之介、鷲田の3選手はこの試合合わせて7安打。非常に出塁率が高く、この試合の得点源になったことは間違いない。

西田監督は「指導してきて初だと思うんですけど、1~3番まで足が使えます。これはチームにとって非常に大きい」と3選手を評価する。

攻守ともに盤石な試合を見せた八王子実践は、次戦・岩倉と対戦する。「次は強豪の岩倉さん。そう簡単には点が取れないと思うので細かいミスをなくすことが大切だと思います」と次戦に向けての改善点を口にした。

都大会出場を懸けた岩倉戦は、エース田口の出来・そしてそれ以上に1~3番の快速トリオが大きなカギを握りそうだ。

(文=編集部)

注目記事

2017年秋季大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
【 TGS2017】東京ゲームショーレポート2
Scoopie News(スクーピーニュース)
清宮プロ表明ならば史上初の全球団1位指名はあるのか?
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
本命は?セ・パ12球団ドラフト1位候補
  • このエントリーをはてなブックマークに追加