「REGZA」が中国メーカーに 東芝、テレビ事業を売却

「REGZA」が中国メーカーに 東芝、テレビ事業を売却

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/11/14
No image

東芝は11月14日、テレビ事業子会社の東芝映像ソリューション(TVS)を中国の家電メーカー、ハイセンスグループ(Hisense、海信集団)に約129億円で売却すると発表した。売却は2018年2月末以降に完了する見通し。

東芝は「REGZA」ブランドでテレビを展開=Webサイトより

TVS株式の95%をハイセンスグループの中核事業会社に売却する。TVSは東芝ブランドの使用権を取得し、同ブランドでテレビの販売を続ける。

経営再建中の東芝は、16年6月から映像事業をTVSに移管。だがTVSは17年3月期に437億円の売上高に対し61億円の営業赤字。今後、東芝は社会インフラや電子デバイスなどに注力する方針で、単独でのテレビ事業継続は難しいと判断した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米国で雇用増加が予想される職業トップ10
セブン、店舗をシェア自転車の拠点に ソフトバンクと共同で
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
アメリカのパリ協定離脱で資金難も...日本が「肩代わり」の有効性
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加