3メガバンク決算、本業で苦戦 日銀政策の影響

3メガバンク決算、本業で苦戦 日銀政策の影響

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/15
No image

日銀による超低金利政策の影響で、メガバンク各社の決算は銀行の本業で大きく苦戦する結果となりました。

3メガバンクが発表した2018年3月期の中間決算によりますと、本業のもうけを示す業務純益が軒並み減少しました。日銀のマイナス金利政策で、貸出と預金の利回りの差を示した「利ざや」が縮小したことが主な要因です。ただ、純利益は、三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループはいずれも2桁の増益となりました。景気回復で融資先企業の業績が改善したことによる引当金の戻り益や、「持ち合い株」を手放したことによる売却益などが貢献しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1960年代アメリカで空前のヒット!ホンダのバイク「スーパーカブ」の広告ポスター
【美人コンパニオン多数】「第20回名古屋モーターショー」開幕
〝国産〟オートバイ/スクーターは本当はどこの国で作られている?
住宅ローンで500万円の差がつく「貯金の秘密」
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
  • このエントリーをはてなブックマークに追加