柴咲コウが「細く長い美脚」「妄想をかき立てるゾクゾク指使い」魅せた!

柴咲コウが「細く長い美脚」「妄想をかき立てるゾクゾク指使い」魅せた!

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/09/17
No image

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主演を務める柴咲コウが、9月11日に自身のインスタグラムに投稿した動画が反響を呼んでいる。見るからにスベスベした美脚の上に乗った愛猫「のえる」が柴咲の指先で撫でられているのだが、なぜかピーンと前足を伸ばして固まったまままったく動かないのだ。

「この動画はすでに20万回以上も再生されているほど話題になっています。柴咲ファンはもちろんのこと猫好きからも注目されていますが、一部からは『猫ピーンでコチコチ!』『あの撫で方はヤバイ』『妄想力というか想像力が羽ばたく』などの声もあがっています。目を開いたままお腹を見せている猫の背中やお腹、あごの下や首の後ろなど、柴崎がどこをどんなに撫でてもカチカチになって動かない様子は、確かに妄想力を刺激します。さらに何もはいていない柴咲の素足をじっくりと見る機会などそうそうありませんからね。猫のかわいさよりも柴咲の膝やスネ、猫を撫でる指使いを見て生唾を飲み込んでいる人がたくさんいることは間違いないでしょう」(女性誌記者)

「生まれ変わったら」ではなく「生まれ変わって猫になりたい」と公言するほど猫好きな柴咲。大河「直虎」の仕事が終了した後はしばらく女優業を休み、滝川クリステル、鈴木京香とともに犬猫の殺処分ゼロを目指す活動をするといわれているので、こちらも注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦氏に心境の変化
「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかない
林修先生、キラキラネームと学力の相関性語る 東大合格者の名前は...
壇蜜ほか...“やりすぎファン”被害が怖すぎる
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加