TOTOジャパンC 26歳誕生日のロペス2位、首位と3打差 ナイスパットが「自分へのプレゼント」

TOTOジャパンC 26歳誕生日のロペス2位、首位と3打差 ナイスパットが「自分へのプレゼント」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/11

◇女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラシック第2日(2019年11月9日 滋賀県大津市 瀬田GC北C=6659ヤード、パー72)

No image

13番、セカンドショットを放つロペス(撮影・井垣 忠夫)

終盤に勢いを加速させた。大会初出場のギャビー・ロペス(メキシコ)が、17番で1・5メートル、18番で3メートルのバーディーパットを沈め、首位の鈴木を逆転圏内に捉えた。

「今日はとてもいいプレーができました。このグリーンは難しいですが、最後のパットはラインとスピードをしっかり考えて打つことができました」

日本でプレーするのは、14年に長野・軽井沢72ゴルフで行われた世界アマ以来。「また日本に来ることができてうれしい。寿司が大好きで日本は(母国の)メキシコ以上に好きな国かもしれません」。前回は団体のチームで来日したが、今回は交際中のサンティアゴ・カランザさん(27)が同行。大会直前には2日連続で、2人で京都観光に繰り出し寺社巡りをした。「伏見稲荷へ行きました。一週間では回りきれないのでまた行きたい」と楽しそうに話した。

この日は、26回目の誕生日だった。「誕生日に大好きな日本でプレーできるのはこの上ないことです。プレゼントは今日決めたナイスパットです」と笑顔で話した。昨年、中国で開催されたブルーベイLPGAでツアー初優勝を飾り注目を集めた成長株。3打差で迎える最終日に向け「厳しい戦いになると思いますが、集中してやれることをやるだけです」と気持ちを高めた。バースデーウイークを最高の形で締めくくる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子ゴルフ・佐伯三貴&一ノ瀬優希が引退表明 けがに苦しみ決断
渋野日向子が示した新たな決意。賞金女王へ再び「奇跡」は起こるか
大一番での予選落ちも引きずらず「ヘラヘラしていました」 渋野日向子は気持ちを切り替え愛媛決戦へ
石川遼 逆転賞金王へ意欲 “秘密兵器”で「粘って粘って」
「死ね」発言認めた...笠りつ子、涙の謝罪「根本的な考えが間違っていた」/国内女子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加