“真4回転時代”は激化の一途 宇野は4種類成功、チェンは5種制覇

“真4回転時代”は激化の一途 宇野は4種類成功、チェンは5種制覇

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

男子フリーで演技する宇野昌磨=ベルガモ(共同)

「フィギュアスケート・ロンバルディア杯」(16日、ベルガモ)

男子フリーが行われ、昨年の世界選手権銀メダリストで、SP首位の宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=は、フリーでも自己ベストとなる214・97点をマーク。総得点でも昨季の世界選手権を0・53点上回る自己ベストとなる世界歴代2位の319・84点で2連覇を達成した。宇野はSPでも自己ベストを0・01点更新しており、今季初戦でいきなりSP、フリー、総得点とも自己ベストをマークした。

宇野はこのフリーで4回転サルコーを見事に初成功。宇野にとってフリップ、ループ、トーループに続いて、4種類目の4回転ジャンプ成功となった。この日、米国で行われたUSインターナショナルでは、ネーサン・チェン(18)=米国=が初めてループを成功させ、史上初めてのアクセルを除く5種類の4回転ジャンパーとなったばかり。宇野はルッツも習得に取り組んでおり、平昌五輪シーズンはまだ始まったばかりだが、“真・4回転時代”は、早くも競争激化の一途をたどっている。

次週に行われるオータムクラシック(カナダ・モントリオール)には世界王者の羽生結弦(ANA)が今季初戦に登場。この流れを受けて、王者の戦い方に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田真凜、V凱旋なのに「メダルかけるの忘れてた!」
【岡崎真の目】羽生、失敗した後も丁寧な演技 五輪連覇へ“本気”感じる
安藤美姫が平昌五輪PR キム・ヨナさんとの縁「よく試合で一緒に」
三原舞依2位 ミス出て「悔しい」
ご存知ですか? 9月25日は浅田真央の誕生日です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加