阪神・能見 元気戻った “足元”変えて粘投6回1失点

阪神・能見 元気戻った “足元”変えて粘投6回1失点

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇セ・リーグ 阪神2―1DeNA(2017年8月12日 横浜)

No image

<D・神>6回を1失点で終え、西岡(左)とタッチを交わす能見

阪神先発・能見が復調気配を漂わせた。6回1失点。8安打を浴びながら、失点は筒香に浴びたソロ本塁打のみにとどめた。勝ち星には恵まれなかったが、先発の役割を果たした。

「いつも通り、低めに集めることを意識して、野手の好守に助けてもらいながら、何とか6回を粘り強く投げることができました」

意識は変えず、「足元」を変えた。前回登板までプレートの三塁側を踏んで投げていたが、この日はそれを一塁側に変えた。「あまり右打者の内角を(ストライクに)取ってもらえなかったので角度を変えてやってみようと思った」。復活した右打者への内角球が、本来の投球を取り戻すきっかけとなった。4回、先頭の筒香に外寄り低めのボール球をスタンドに運ばれたが、「あんなボール球を打たれたら、投げる球がないでしょう」と引きずらなかった。味方の好守にも支えられながら、ベテランらしく試合を作った。

7月1日に3勝目を挙げて以降、3連敗。特に直近3試合は5回以内で4失点以上と精彩を欠いた。その能見が、メッセンジャーの骨折離脱というチームの窮地で復調の兆しを見せてくれた。金本監督も「(不調だったことを)まったく感じさせないくらい真っ直ぐも伸びていたし、よかった。(筒香の本塁打は)あの高さを運ばれたら、相手をほめるしかないと思う」と安堵の表情を浮かべた。(惟任 貴信)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明豊、20日準々決勝 対天理「絶対に勝ちたい」
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
  • このエントリーをはてなブックマークに追加