【帰ったら火にかけるだけ!】の鍋で、心がすーっと軽くなる♪

【帰ったら火にかけるだけ!】の鍋で、心がすーっと軽くなる♪

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2017/11/15

寒い季節の晩ごはん。「冬はラクだからつい鍋ものにしちゃう!」って人も多いのでは?

でも、帰宅が遅くなったときや疲れた日の夕方は、鍋もの用に、いろいろ具材を切ることすら面倒なことも……。

そこでおすすめしたいのが、「帰ったら火にかけるだけ」で完成する鍋。朝のうちに主な具材を切って鍋の中にスタンバイ。帰宅後は煮汁を注いで火にかけるだけ!でOKのレシピです。

たとえばこの「スタミナ鶏鍋」。もつ鍋風のにんにくしょうゆ味が、食欲をそそる一品♪材料も作り方も、いたってシンプルです。

No image

にんにく&にらが元気に香る
スタミナ鶏鍋

材料(2~3人分)
鶏もも肉 1枚(約350g)
もやし 1袋(約200g)
しめじ 1パック(約100g)
にら 1/2束(約50g)
にんにく 1かけ
赤唐辛子の小口切り 少々
<煮汁>
水 3カップ
酒 1/3カップ
みりん、しょうゆ 各大さじ1
塩 小さじ2/3
酒 塩

1 野菜&肉を準備
・もやしはできればひげ根を取る。
・しめじは石づきを切って小房に分ける。
・にんにくは横に薄切りにする。
・鶏肉は余分な脂肪を取り除き、小さめの一口大に切る。酒大さじ1、塩少々をもみ込む。

No image

2 鍋に重ねてセット

鍋にもやしとしめじを混ぜて入れ、赤唐辛子、鶏肉、にんにくをのせる。
●ふたまたはラップをして冷蔵庫へ。朝または前日の夜にここまで準備しておくとラク!

No image

3 食べるときは…

煮汁の材料を混ぜ合わせて鍋に注ぎ、中火にかける。煮立ったらアクを取り除き、弱火にして3~4分煮る。にらは長さ3cmに切る。食べる直前ににらを加えながらいただく。

No image

いかがですか?この方法なら、夕方やることは最低限で済むので、大助かり。帰宅が遅くなりそうな日も、「あれが冷蔵庫に準備してある!」と思うだけで、ぐーんと心がラクになりますよ(^^)
また、一品に野菜や肉がバランスよく入っているので、ほかに副菜を作らなくてもOKなのもうれしい。「夕方できるだけ何もしたくない!」と思ったら、ぜひこちらの鍋レシピに頼ってみてください♪

料理/重信初江、撮影/広瀬貴子、文/編集部・谷本
『一品晩ごはん』オレンジページ刊より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
とろ~り優しい味♪ほっこり温まる「白菜+ ○○ 」クリーム煮レシピ
「美味しい!」の声が続々♪【鮭まるごとご飯】は作れば分かる感動・簡単料理だ!
お酒が進む味!コク旨「もやし×チーズ」レシピ5選
ちょっとの工夫でごちそう風!「フランスパン」の簡単アレンジ
【フライパンで焼くだけ】「春巻きアップルパイ」がアツアツうまーい♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加